TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

次の製作に取り掛かります。次はこちら。

CajIdqeUYAApxNT-orig.jpg
アリヌとsaiの工作部屋さんから、まどかマギカ 佐倉杏子です。
画像は原型師さんのツイッターからお借りして来ました。
発表は2014冬で結構古いですね。顔はキャラデザのうめてんてー準拠ではなくオリジナル色が出ていてとても可愛らしいです。

DSC_15838.jpg
パーツ数は全部で62、多い(;´∀`)

DSC_15839.jpg
何故パーツ数がこんなに多いかというと、髪の毛だけで27パーツあるからです。
マジかマギカ(((( ;゚Д゚))))
これとは別にクリアパーツと3Dプリンタ出力のパーツが1個ずつあります。あと別途ホビーチェーンと2mmプラ棒を用意する必要があります。

DSC_15840.jpg
そしてこのキットのさらなる特徴はスケール。顔はfigmaとほぼ同じです。ということは1/12?!ちっちゃ!

DSC_15841.jpg
仮組開始。
スカートのフリルはダボに垂直に軸を刺すと深さが足りないんで斜めに刺します。

DSC_15842.jpg
足の軸は上半身まで貫通させたいのですが、ダボの真ん中に穴を開けると上半身からずれてしまいます。
ダボより少し前側に穴を開けます。

DSC_15843.jpg
片足の爪先立ちなのでエポパテでスペーサー作りました。
真鍮線が刺さってますがベースとはビスで固定します。

DSC_15844.jpg
27パーツある髪の毛の仮組。原型師さんが組立て説明書を用意してくれています。というかこの説明書がないと絶対組めません。
さらにパーツが細かすぎで全パーツを仮組するのは不可能です。主要パーツだけ軸穴開けて仮組します。
製作では下地処理がある程度終わったらパーツ同士をブロックごとに接着してしまおうと思っています。
パーツの質はおそらく手流しの為、決して良いとはいえません。特に髪の毛パーツは気泡、先端欠損、パーティングラインの荒れが目立ちます。まぁ手流しだったらこんなもんですが、最近多くなっているデジタル原型、業者抜きのキットしか製作経験がない人は、パーツの小ささとも合わせてちょっときついかもしれません。

DSC_15845.jpg
仮組完了。全長は13cm程です。
1/12スケールにこのディテールと情報量はすごいですね。
パーツが小さく細いので細心の注意を払って下地処理をしなければなりません。地道にやっていきます。
Cerberus ProjectさんのTERA Elin スチームオルダンVer. 完成写真です。

TERA_Erine_001.jpg
続きを読む ≫
アイペイントと武器の塗装状況です。

DSC_15828.jpg
エナメル塗料を使います。
睫毛はブラック+レッドブラウン、黒目輪郭と瞳孔はガイアのエナメル、シアンとマゼンタから紫を調色しています。
瞳孔は一度塗り潰してから中心をエナメル溶剤で溶かしてぼかしています。

DSC_15829.jpg
虹彩はラッカーで。クリアパープル。ブラック足して上の方にシャドー。

DSC_15830.jpg
瞳孔の十字架とハイライトをエナメルで入れます。

DSC_15831.jpg
武器の方。
ゴールドで塗装してからエナメルブラックでウォッシングとスミ入れ。

DSC_15832.jpg
黒い部分はメタルブラック。シルバー暗い部分はスパーアイアン、明るい部分はスーパーファインシルバー。ピンポイントでゴールド。
明るいシルバーをマスキングしてスモークでコート。

DSC_15833.jpg
赤い部分はシルバー下地にクリアレッド。先端の色の濃い部分はスモーク+ブラックでコート。
マスキングしてゴールド。ウォッシングとスミ入れしてスモークでコート。

DSC_15834.jpg
マスキング地獄の武器本体。それぞれの色は上のパーツと同じ。

DSC_15835.jpg
マガジン?弾倉?
メタルブラック+メタルヴァイオレット。

DSC_15836.jpg
ベースは木製。
サフ吹いて下地処理してブラック。クリア吹いて研ぎ出しとコンパウンドがけ。

DSC_15837.jpg
組みました。

あとは写真撮影です。
長いこと放置してしまってスミマセン('A`)
製作は再開していたのですがなかなかブログ更新スイッチが入らなくてほったらかしでした。
ツイッターの方にちょくちょく写真は上げているので進捗の方はそちらをご覧下さい。
塗装はだいぶ進んでいるのですが、とりあえずカラーレシピだけでもあげときます。

DSC_15821.jpg
肌色は今回柔らかい褐色肌の指定です。
しかし塗料も塗り方もいつもと変わらず。シャドー吹いてコートする時にいつもより多めに吹いて色を濃くするだけです。
クリアサフレスならではの手法です。

DSC_15822.jpg
ボディやアーマー類の塗装にえらい時間かかりました。手順は、サフ→ブラック→マジョッコ→クリア→マスキング→ゴールド→エナメルブラックでスミ入れ→スモークです。
模様は出来る所は全てマスキングしています。下地がマジョッコなので筆塗りできないのです。

DSC_15827.jpg
マスキングはまず歯車の歯の部分に1mm~2.5mmのポンチで打ち抜いたマスキングテープを貼って、隙間をフリーハンドで細かく切ったテープで埋めていきます。
マスキング出来ない細かい部分は後でエナメルブラックでスミ入れします。

DSC_15823.jpg
他のパーツも同様。
シルバーの部分はスーパーメタリックのスーパーアイアンを使っています。
とにかくマスキング地獄です。

DSC_15824.jpg
ブーツもマスキングしてスーパーアイアン。

DSC_15825.jpg
耳と尻尾はオリジナル色。
耳の外側と尻尾はマホガニー+ブラウン、マホガニー+ブラックでシャドー。
耳の中はイエローとシャインレッド。

DSC_15826.jpg
髪の毛。シアン+イエローでグリーン寄りのブルーを作って全体を塗装。ホワイトでハイライト。ムーンストーンパールと+ダイアモンドシルバーでコート。

とりあえずこんなところで。
下地処理を開始します。
いつもまず最初にに手を付けるのはパーティングライン消しとパーツ間の隙間処理です。
今回のキットはスケールが大きいこともあり、レジン収縮の影響が大きく出てかなりパーツ間の隙間が開いてしまっています。
隙間処理をする場合ただ単に隙間を埋めるだけでなくパーツ構成を変える場合もあります。

DSC_15812.jpg
胸パーツと腹パーツのパーツ構成です。
この場合隙間を埋めるだけではパーツの合わせ目が見えたままで美しくありません。そこで腹パーツを一段彫り込んで胸パーツを延長して合わせ目を隠します。

DSC_15813.jpg
腹パーツの方を掘り込みます。

DSC_15814.jpg
胸パーツの方をレジンキャストで延長します。

DSC_15815.jpg
合わせ目が見えなくなり美しい仕上がりになります。

DSC_15816.jpg
足の接続もかなりの隙間があります。

DSC_15817.jpg
こちらもレジンキャストで隙間を埋めます。

DSC_15818.jpg
目の形を少しつり目に変更します。
これもレジンキャストを使っています。

DSC_15819.jpg
髪の毛にアホ毛を追加します。
0.5mmの真鍮線を芯にシアノン盛って造形。

DSC_15820.jpg
一通りパーティングラインを消して全体に足付けしたらサフを吹きます。
肌パーツはベースホワイトの捨て吹き、髪の毛パーツはホワイサフ、その他のパーツはグレーサフを使いました。
サフを吹いたら積層痕が現れました。どうやらデジタル原型たったようです。
プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。