TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

ハセガワ 1/72 F-117Aナイトホーク “アイドルマスター 萩原雪歩” 完成写真です。

SN3J2356.jpg
続きを読む ≫
しばらく放置状態だった雪ホークを完成させます。
なぜ放置状態だったかというと、デカールの段差が目立っていたので研ぎ出しの為にクリア厚吹きをしていたからです。
表裏両方を同時に吹けなかったんでいつもの倍時間がかかってしまいました。

SN3J2344.jpg
で、クリアが十分乾燥したら研ぎ出しします。
#800のペーパーでデカールの段差が無くなるまで削っていきます。
表面を光沢仕上げにするならこの後#1500、#2000と番手を上げて磨いていくのですが、今回は光沢仕上げではないんで#800で削ったら終わりです。

SN3J2345.jpg
ペーパーかけている最中に引っ掛けてアンテナ折ったorz...

SN3J2346.jpg
研ぎ出しが終わったら全体に半光沢クリアを吹きます。
そして爆弾やランディングギアを取り付け。

SN3J2347.jpg
折ったアンテナも伸ばしランナーで復活させました。
再び折らないように0.3mmの真鍮線を軸に入れています。

SN3J2348.jpg
尾翼を接着してキャノピーのマスキングを剥し、クリアパーツを取り付けて完成です。

SN3J2349.jpg
裏側はこんな感じ。

後日改めて写真撮影します。
前回に引き続いてデカール貼りです。今日は雪の結晶デカールから始めます。

SN3J2304.jpg
何このデカさww
まあ亜美真美の時のように一個一個分かれてたらそれはそれで地獄であるが。
今回は貼る数は多くありませんがその分テクニックが要求されます。

SN3J2305.jpg
表面のデカール貼り完了。貼るのに大体1時間半くらい。
ストライプデカールの時と同じく、スジ彫りの所に切れ込みを入れてから蒸しタオルで密着させています。

SN3J2306.jpg
続いて裏面。
裏面は穴が開いているので表より手間がかかります。
一部デカールは2分割して貼ったほうが貼りやすいです。

SN3J2307.jpg
脚格納扉の所も忘れずに。

SN3J2308.jpg
3時間ほど乾燥させてから続きを貼ります。
白ストライプ、各種マーク、キャラデカール、サインの順に貼っていきます。これで表側は完了。

SN3J2309.jpg
裏面も完了。
丸1日がかりで全てのデカールを貼り終えました。

これで1日乾燥させます。
アイマス戦闘機の最大の山場、デカール貼りに入ります。

さて、今日も気合入れて行くぞ~!と箱に入っている説明書を取ろうとしたら…

SN3J2299.jpg
こ、こいつ…ww
占領されていました(´Д`;)

SN3J2300.jpg
なんてことはさておいて、デカール貼りです。まずはストライプデカールから。
デカールをそーっと台紙からスライドさせて貼り、位置を決めてから上から筆でなぞって水分を取り除きます。
白抜きの部分はデザインナイフで切って取り除きます。そして上から蒸しタオルで密着。

SN3J2301.jpg
裏側も同様。スジ彫りの所はデカールが浮いてしまうので、切れ込みを入れてから密着させます。
蒸しタオルは水に濡らして絞ったタオルを電子レンジで20秒程加熱するとすぐに用意できます。
アイマス戦闘機シリーズのデカールは驚くほど硬いので、マークソフター程度ではびくともしません。蒸しタオルが一番手っ取り早いです。

説明書にはストライプのデカールをを貼ったら1日乾燥させて次を貼れ、との指示がありますので素直に従います。
なので今日はここまで。続きは明日。
雪ホークの塗装です。そんなにパーツ数は多くないんで、今日で塗装を終わらせてしまいます。

SN3J2292.jpg
まずは機体色から。色はほぼ説明書のカラーレシピ通りの調色です。
機体色塗装後はマスキングしてキャノピー前とノーズランディングギヤ横にある穴(カメラ?)の中をつや消しブラックで塗ります。

SN3J2293.jpg
尾翼とウェポンベイの扉。
きれいに白ヌキ出来ました。

SN3J2294.jpg
ランディングギヤとハッチ。タイヤはタイヤブラックが指定色ですが、ちょうど切れていたんでブラック+ホワイト少量で塗りました。

SN3J2295.jpg
爆弾とそのラック。

SN3J2298.jpg
塗装が乾いたらエナメル塗料でスミ入れします。
白いパーツにはジャーマングレー。

SN3J2296.jpg
SN3J2297.jpg
機体色の所にはジャーマングレー+スカイブルー。
パネルラインは彫り直しているので素直にスミが流れます。

これで塗装の完了です。何かあっけなかった。
次からはいよいよデカール貼りです。
電撃オンラインに美希ベールクトの完成見本が掲載されていました。前進翼がチョーカッコイイぜ。
問題はズベズタのキットがどの程度の品質かということ。海外キットは作ったことないんでちょっと不安です。

さて、雪ホークはボディのマスキングまで終わりました。

SN3J2286.jpg
SN3J2287.jpg
その他のパーツの処理もやってしまいます。脚格納扉とタイヤにある突き出しピン跡をポリパテとシアノンで埋めました。

SN3J2288.jpg
下地処理が終わったら全てのパーツにサフを吹きます。
サーフェイサーはタミヤのライトグレイタイプです。通常のサフより明るいグレーなので発色がよくなります。

SN3J2289.jpg
サフが乾いたらホワイトの塗装。ホワイトはいつも使っているフィニッシャーズのファンデーションホワイト。隠蔽力が高くてサフの上からでもきれいに発色してくれます。
ホワイトでキャラデカールの白抜き部分と脚格納庫やランディングギヤなどを塗装します。
1回の塗装で発色させようとすると厚吹きになってしまうので、3回に分けて薄く吹きます。

SN3J2290.jpg
脚格納庫をティッシュとマスキングテープでマスキング。

SN3J2291.jpg
キャラデカール部分は透け防止のため白地にします。
ホワイトを吹いた翼のデカール部分をマスキング。テープはデカールをコピーしたものに貼って切り抜きました。

次はいよいよ本体色の塗装です。
プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。