TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

どうも8か月ぶりです。
なんかノリノリで作業してたらブログの更新めんどくさくなっちゃって(;´Д`)
凛&桜はもうほぼ完成してるのにほとんど写真撮影していないというやる気のなさっぷり('A`)
とりあえずtwitter用に何枚か写真撮ってるのでそれでお茶を濁します。

DSC_15895.jpg
肌パーツの下地処理の話です。
このブログでは何度も何度も書いているのですが、離型剤を100%完璧に落とせたとしても塗膜剥がれのリスクは消すことができません。なにせレジン自体塗装が食いつかないのですから。
大事なのは離型剤を落とすことよりも塗装が食いつきやすい下地を作ること。
その為にはパーツの表面に細かな傷をつけて表面を荒らして塗装の食いつきをよくすることが必要です。いわゆる足付けってやつです。
#400~#600のペーパーもしくはスポンジやすりでパーツ全体を磨きます。
その状態でメタルプライマー吹くと細かな傷が残ったままになります。

DSC_15896.jpg
それをメタルプライマーを完全に落とさないように目の細かなスポンジやすりで磨きます。メタルプライマーを中研ぎする訳です。
そのあとシンナーで少し希釈したメタルプライマーを再度吹きます。
これで塗装ががっちり食いつきさらに表面ツルツルの下地ができる訳です。
面倒臭いですがこれ以上の方法はないと思っています。

DSC_15897.jpg
肌部分とその他の部分が一緒になっているパーツはメタルプライマーとサフを併用します。
マスキング境界に段差ができるので段差を落としつつマスキングして下地を作ります。

DSC_15898.jpg
で、いきなり話がすっ飛んで(笑)
桜のアイペイントです。これは修正前の写真なのですが、今回いつもと違うやり方でアイぺしました。
通常ですと光彩に色を付ける前に瞳孔を描いておくんですが、今回は瞳孔を最後にしました。
あまり瞳孔の形をはっきりさせたくないと思っていたので、ハイライト色を拭き取る形で瞳孔を表現しています。
光彩塗装の手順は
①ベース色で光彩全体を塗り潰す。
②ベース色に黒を足して光彩の上側にシャドーをグラデーション。ここまでラッカー。
③クリアコート
ここまではいつもの塗装で順です。その後
④瞳孔をマスキング。
⑤エナメル塗料を使って明るい色で光彩の下半分をグラデーション塗装。
⑥マスキングをはがしてエナメル溶剤をつけた筆で塗料を拭き取り瞳孔の形を整える。
という手順です。
これで上の方だけぼやけた瞳孔の表現ができます。
マスキングだけだとガタガタなので形を整えることは必須になります。だからエナメル塗料を使います。
瞳孔をマスキングしないであとで全部拭き取るという手もありますが、最初にある程度瞳孔の位置を決めておく為にマスキングしています。

DSC_15899.jpg
で、一度は完成したのですが、よく資料を見てみると桜は公式でもアニメでもディーラー作例でも瞳孔が描かれていないことに気づきました('A`)
なので最初からやり直しです。
手順は瞳孔をマスキングするかしないだけの違いです。

DSC_15900.jpg
最終的にはこうなりました。

DSC_15901.jpg
凛も全く同じ手順です。ここまでラッカー。

DSC_15902.jpg
エナメルで下半分を塗って瞳孔部分を拭き取ってハイライト入れその他諸々して完了。

DSC_15903.jpg
はい、出来上がり~
なんじゃそりゃ(;´Д`)
あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
年々製作数が少なくなっている気がしますがたぶん気のせいでしょう(;^ω^)
今年もマイペースでやって行きます。

VISPO & CREA MODEさんの凛&桜は先に桜の方を製作していきます。

DSC_15888.jpg
手原型の為パーツ間の隙間が結構開いています。肌パーツはいつものようにレジンキャストを使って隙間埋めをします。
隙間埋めの際、フリルの内側を少し削って胸を延長して合わせ目が目立たないようにしています。

DSC_15889.jpg
衣装のストライプは原型のモールドがかなり荒れていたので、シアノンで埋めて彫り直しました。

DSC_15890.jpg
胸の谷間を削って隙間を強調します。

DSC_15891.jpg
スカートフリルの裏側は埋まっている部分をリューターで掘りました。

DSC_15892.jpg
ハート型のチョコも隙間を掘り込みます。

DSC_15893.jpg
顔は目のモールドが甘かったので彫り直し、口の中も彫って立体感を強調。

DSC_15894.jpg
一通りパーティングライン処理と磨きを終えてサフ吹きました。
これからさらに磨いていきます。
下地処理の準備段階です。

DSC_15855.jpg
髪の毛の先端はかなりの数が欠損しています。シアノン盛るだけでは破損しやすい為、0.5mmの真鍮線を芯として入れます。
先端部分もパテではなく真鍮線を鋭く削る形で露出させてやると破損の心配がなくなります。その代わり刺さると痛いです(;^ω^)

DSC_15847.jpg
フリルは5パーツに分割されているのですが、仮組の結果スカートに合わせるとかなり隙間が開くので、塗装後の合わせ目消しは不可能と判断して先に接着して合わせ目を消してしまいます。

DSC_15848.jpg
足とベースとのスペーサーはエポパテのままだと強度が弱いのでレジンに複製します。
サフ吹いて表面処理をします。

DSC_15849.jpg
プラ棒に接着して紙コップに固定。

DSC_15850.jpg
シリコンで型を作ってレジン流し込んで複製が出来ました。

DSC_15856.jpg
胸の菱形のパーツは別パーツになっています。はめ込むと隙間があります。このまま隙間埋めすると塗膜の暑さで入らなくなる可能性があります。対処方法としては接着して隙間を埋めてマスキング塗装するか、隙間が目立たないようにパーツを加工するかです。今回は仕上がりがきれいな後者を選択します。

DSC_15853.jpg
胸パーツを一段削り込んでその分ボディパーツの穴をパテで埋めます。こうすることによって継ぎ目が隠れてきれいな仕上がりになります。
胸パーツの4辺を一度に削ってしまうとパーツの位置がずれる可能性があるので、1辺ずつ削り、対するボディ側にパテを盛って合わせ込んでいきます。

DSC_15852.jpg
パーツ加工後。隙間が見えなくなりました。

DSC_15857.jpg
一通りパーティングライン消しと目立つ気泡の処理が終わってサフを吹きました。
ここまでで3連休2回をフル活用しても8日かかりました。
まだ下地処理工程は三分の一程。これからまた全パーツ細かな傷と気泡を埋ていきます。先は長い。
下地処理を開始します。
いつもまず最初にに手を付けるのはパーティングライン消しとパーツ間の隙間処理です。
今回のキットはスケールが大きいこともあり、レジン収縮の影響が大きく出てかなりパーツ間の隙間が開いてしまっています。
隙間処理をする場合ただ単に隙間を埋めるだけでなくパーツ構成を変える場合もあります。

DSC_15812.jpg
胸パーツと腹パーツのパーツ構成です。
この場合隙間を埋めるだけではパーツの合わせ目が見えたままで美しくありません。そこで腹パーツを一段彫り込んで胸パーツを延長して合わせ目を隠します。

DSC_15813.jpg
腹パーツの方を掘り込みます。

DSC_15814.jpg
胸パーツの方をレジンキャストで延長します。

DSC_15815.jpg
合わせ目が見えなくなり美しい仕上がりになります。

DSC_15816.jpg
足の接続もかなりの隙間があります。

DSC_15817.jpg
こちらもレジンキャストで隙間を埋めます。

DSC_15818.jpg
目の形を少しつり目に変更します。
これもレジンキャストを使っています。

DSC_15819.jpg
髪の毛にアホ毛を追加します。
0.5mmの真鍮線を芯にシアノン盛って造形。

DSC_15820.jpg
一通りパーティングラインを消して全体に足付けしたらサフを吹きます。
肌パーツはベースホワイトの捨て吹き、髪の毛パーツはホワイサフ、その他のパーツはグレーサフを使いました。
サフを吹いたら積層痕が現れました。どうやらデジタル原型たったようです。
突然ですがコンプレッサーを新しくしました。

DSC_0480.jpg
ワーサー30D。最大圧力0.8MPa、4リットルタンク。
APC002がオーバーヒートしまくりでストレスたまりまくりだったので思い切って設備投資しました。
高価なだけあって使い心地は最高です。オイル式がこんなに静かだとは思わなかった。
これからバリバリ塗っていきまっせ~。

ということでカリオストロ製作はドラゴン(ウロボロス)の製作に移ります。
どうでもいい事ですが、カリオストロのことをオッサンと呼んでいるのを何度か見たのですが、なんでオッサンなんだろう?と思い調べてみたら元男性と言う設定だったのね。幼女戦記のターニャ・デグレチャフみたいなもんか。

DSC_01442.jpg
ウロボロスの体は赤が基本なんで、ピンクサフ吹きました。発色を助けると言うより下地の荒々しさを残す為に塗膜を少しでも薄くするのが狙いです。

DSC_01443.jpg
前述の通り、下地処理は基本パーティングラインを消すのみであとは足付けの為320番で軽く全体を磨く程度です。傷や気泡以外の窪みはあえて残します。

DSC_01444.jpg
杭も同様。原型の段階で意図してか複製時に付いたのかわかりませんが表面はかなり凸凹していますが、なるべく削らない方向で下地処理をします。

DSC_01445.jpg
ウロボロスの赤は当初ソリッドカラーで筆塗りの予定でしたが、急遽方針転換してキャンディー塗装で行くことにしました。
ゴールド下地にGXディープクリアレッド。ブラック足してシャドー。ピンクサフ吹いた意味がなかった(;^ω^)
腹の部分はタン+黄土色+ブラックの濃淡2色。
境界の色はマホガニーを筆塗り。マスキングする程の物でもない。

DSC_01446.jpg
杭。丸い奴はMr.メタルカラーのクロームシルバー。角ばってる方はタミヤアクリルのカッパー。
エナメルのジャーマングレーとレッドブラウンでウォッシングしたらそれぞれMr.カラーのシルバーとカッパーでドライブラシ。
最後にタミヤウェザリングマスターBセットでウェザリング。

DSC_01447.jpg
ウロボロス本体はレッドブラウン+ブラックでウォッシング。

DSC_01448.jpg
フィギュアの方はディテールアップと公式イラストに準拠させる為に一部パーツをやり直し。
リボンの折り返しを深く掘るのとケープマントの金の縁取り部分に筋彫りを入れました。
後工程でパーツの形状に手を加えるには、下手に塗装を残さないで潔く落とした方が断然きれいに仕上がります。
カリオストロ製作です。
まずはいつものようにフィギュアの方を先に仕上げてしまいます。

DSC_01414.jpg
髪の毛の分かれ目はどのキットも型ずれの影響が出やすい場所なのですが、今回のキットは特にひどく大きくえぐれていました。
シアノン盛ってきれいに整形します。

DSC_01415.jpg
一見きれいなパーツですが、良く見ると表面はかなり荒れています。表面を全て磨く訳ですが、モールドが多いパーツは大変です。
合わせてモールドのエッジを掘り込みます。

DSC_01416.jpg
服の間に隙間があるのでシアノンで埋めます。

DSC_01417.jpg
爪のモールドが甘かったので(右)、彫りました(左)

DSC_01418.jpg
口の中が平面的で立体感が無かったので深く掘り込みました。

DSC_01419.jpg
胸のブローチ。宝石っぽいものが嵌め込まれているのでクリアパーツに置き換え。Hアイズを削って整形しています。

DSC_01420.jpg
サフ吹き~の

DSC_01421.jpg
メタルプライマー吹き~の

DSC_01422.jpg
髪の毛は3分割されているので、ある程度表面処理が終わったら接着して継ぎ目を消します。
先に接着してしまうと塗りにくい場所が出来てしまうのですが、そういう所は通常の濃度の塗料を吹くとザラザラになってしまいます。通常よりかなり薄めに希釈した塗料を根気よく重ね吹きしていきます。
どうしても塗料が届かない場所は筆塗りです。

DSC_01423.jpg
塗装も開始しました。まずは肌塗装から。パンツは白にするのでマスキングしています。
塗装はメタリック塗料を含んだ塗り分けがかなり多いので、塗装順序をよくシミュレートしながら塗ってきます。
プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。