TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

お待たせ致しました、POLY-TOYSさんより艦これ雲龍改、完成写真です。
まずは全体をぐるっと。
Unryu_001.jpg
続きを読む ≫
艤装その他の下地処理が終わったので塗装に入ります。

DSC_01154.jpg
艦載機は機体色にグリーンFS34092、機体下部はホワイト+黄橙+シアン少量、日の丸はホワイトとモンザレッド、主翼前方は黄橙、エンジンカウルはブラック、プロペラはシルバー。
塗装順序は機体下部→主翼前方(黄橙)→日の丸(白)→日の丸(赤)→機体色→エンジンカウル→プロペラ。

DSC_01155.jpg
艤装。
基本色はデイトナグリーン+ホワイト+シアン+マゼンタ。ブラックとグリーン足してシャドー。
艦底部分はモンザレッド+艦底色。
グリーン+ブラックでスミ入れとウォッシングして半光沢。

DSC_01156.jpg
幟竿
黒部分はブラック+黒鉄色、リングと龍玉はスーパーファインシルバー。

DSC_01157.jpg
周辺パーツ。
グリーンは衣装の色と同じ。白は髪の毛のベース色と同じ色。

DSC_01158.jpg
幟。色は鎧と同じ。
デカール貼ってクリアコート。
甲板のデカールは先端がかなり浮くのでマークソフター塗って時間をかけて馴染ませていきます。

DSC_01159.jpg
クリア研ぎ出ししてつや消し。

DSC_01160.jpg
式符は何かのブリスターパックを細く切って裏から貼り付け。

DSC_01161.jpg
付属の透明棒にも式符を貼り付け。

DSC_01162.jpg
組み立てて完成です。
完成写真は後日。
雲龍さん本体はひと段落付いて、艤装と周辺パーツの下地処理です。
ペーパー当ててサフ吹いているだけなのであまり特筆すべきところはないのですが。
艤装の一番大きいパーツが手流しだったので、処理に苦労しました。

DSC_01153.jpg
艤装が明るめのグリーンなので発色優先で白サフで下地を作りました。

DSC_01149.jpg
仮組みのところでも少し紹介しましたが、キットのパーツは砲身が短いので0.5mmの真鍮パイプで砲身を延長します。
数が多いので大変。

DSC_01150.jpg
艦載機はキャノピーの形状から「九七式艦攻」だと思っていました。
プロペラが4枚だったので3枚に変更したらツイッターで原型師のdokonさんから「天山のつもりで作りました」と聞かされて愕然(;´Д`)(天山はプロペラ4枚)
仕方ないのでこのまま九七式艦攻として作ります。

DSC_01151.jpg
ある程度表面が整ったら接着できるパーツは接着して合わせ目を消します。
幟先端の龍玉部分を組み立てます。

DSC_01152.jpg
艤装はここまで組みました。
ある程度パーツを組まないと持ち手も足りないし乾燥ブースに全部入りません(;´Д`)
ブログの更新サボってました、スンマセン(;^ω^)
雲龍本体の製作は完了しています。今回はアイペイントを中心に作業をご紹介します。

DSC_01141.jpg
一度アイペイントを終わらせましたが、目線が合っていない、トロンとした目の表現がイマイチということでドボンしました。
目線が合わない原因として原型の両目の間隔が若干開きすぎていると感じたので、目のモールドにレジンキャスト液を流し込んで目の位置を0.1~0.2mm程中央に寄せています。

DSC_01142.jpg
睫毛と黒目の輪郭、瞳孔の位置を描き込みます。
睫毛の色はいつも使ってるブラック+レッドブラウンにホワイトを多めに追加してかなり薄い色にしています。
黒目の輪郭と瞳孔の色はブラウンです。

DSC_01143.jpg
マスキングして虹彩をエアブラシ塗装。色はクリアイエロー+純色イエロー+純色シアン少量。

DSC_01144.jpg
瞳孔と虹彩の上側をクリアブラウンで塗装。
虹彩の下側にエナメルのレモンイエロー+ホワイトで三日月型のハイライトを描き込み。
あとエナメルで二重瞼やら眉毛やらを描き込み。

DSC_01145.jpg
白目の影を塗ってハイライト入れてツヤの調整してアイペイント完了。

DSC_01146.jpg
その他のパーツもツヤ調整して組み立て。
この段階ではまだ仮組み。

DSC_01147.jpg
DSC_01148.jpg
スカートは磁石を仕込んでいるのでキャストオフ可能です。エロい(´∀`*)
雲龍の塗装です。
とりあえずエアブラシによる塗装が完了しました。
当初からマスキングが多いことは分かっていましたが、いざ塗ってみると予想以上に時間がかかってしまいました。
twitterの方で一部塗装中の写真は上げたのでここでは塗装完了の状態を紹介します。

DSC_01135.jpg
肌の塗装。
雲龍は色素の薄いイメージだったので、いつもよりかなり薄い仕上げにしています。
ただ薄くすると血色の悪い色になってしまうので、若干赤みを追加しています。

DSC_01136.jpg
髪の毛。調色にかなり悩みました。
ディーラー作例ではクリームっぽい色だったのですが、自分のイメージ優先でアッシュ系のプラチナブロンドにしました。
基本色はホワイト+ウッドブラウン+ブラック。シャドーは基本色+ブラック+ウッドブラウン。
上からGXクリアシルバー+ムーンストーンパールでコート。
つや消し吹けばギラギラが抑えられて落ち着いた感じになると思います。

DSC_01137.jpg
肌パーツはクリアコート後マスキング塗装。
太ももの色は基本色がデイトナグリーン+レッドブラウン+マホガニー。シャドーは基本色+ブラック+マホガニー。
パンツの色はブラックと、ホワイト+黄橙+シアン少量。

DSC_01138.jpg
足の鎧パーツ関連。
ベース色はホワイト+黄橙+シアン少量、シャドー色は基本色+ブラック+黄橙。
つま先からの紐部分はルマングリーンとモンザレッド+マルーン。
靴底グリーン部分はデイトナグリーン+ホワイト+シアン+マゼンタ。ブラックとグリーン足してシャドー。
赤部分はモンザレッド+艦底色。
靴底のグリーンとレッドはそのまま艤装の色になります。

DSC_01139.jpg
衣装関連。
ベース色は鎧パーツと同じ。
グリーン部分はルマングリーン、シャドーはルマングリーン+デイトナグリーン+ブラック少量。
青系の色はブラック+シアン+ホワイト。
スカートと袖の淵はブラック。
胸当ての濃い部分はホワイト+ブラウン+シアン+ブラック。

DSC_01140.jpg
その他のパーツ。
髪飾りの丸い部分はブラック下地にアルティメットミラークローム吹いてクリアグリーンでコート、外縁はゴールド。
角はクリアイエロー吹いたあとクリアグリーン。

これでフィギュア部分の塗装はほぼ完了です。あとはアイペイントしつつツヤの調整をします。
ツヤ調整もマスキング必至。
前回の更新からちょっと間が空いてしまいましたが、下地処理が完了しました。

DSC_01130.jpg
顔のパーツですが、ちょっと受け口気味なのが気になっていました。

DSC_01131.jpg
上唇にレジンを盛って少しふっくらさせました。ホント微妙なラインの修正ですが雰囲気は変わってきます。

DSC_01132.jpg
3パーツに分かれていた三つ編みお下げを接着して継ぎ目消しをしました。
パーツが大きくなると塗装が大変なので接着するかどうか悩んだのですが、塗装後の継ぎ目消しはそれなりにリスクがあるので先に接着してしまいます。
これシャドー塗るのにえらい時間かかりそう(;´Д`)

DSC_01133.jpg
肌パーツはいつものようにメタルプライマー中研ぎしてツルツルに。

DSC_01134.jpg
塗装前の最後の仮組み。
塗装直前の仮組みは結構重要。サフの厚みで組み辛かったり隙間ができたりしていないかを確認します。
ブラ甲冑の紐のパーツが少し歪んでいたのでお湯につけて矯正しました。
他は特に問題はなさそうそうなので次回から塗装に入ります。
プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。