TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

真美だけ作っといて亜美を作らないのはやはり片手落ちでしょう。
真美を作った勢いそのままにもう1機作っちゃいます。

SN3J1211.jpg
ハセガワ 1/72 三菱F-2A アイドルマスター双海亜美。
昨年アイドルマスターシリーズ第1弾として発売され、ニワカ飛行機モデラーを量産したキットです。
良くも悪くもハセガワの歴史に残るキットではないでしょうか。

SN3J1212.jpg
発売当時、うは!ナニコレww、と皆をブッタマゲさせた成型色です。
F-16をベースに開発した機体だけあってパーツ構成はF-16とほぼ同じ。ただ機体上面パーツが真ん中で2つに分割されています。なんでこんなパーツ分割にしたのかよくわからん。

SN3J1213.jpg
デカールも真美とほぼ同じ。
キャラデカールのドットの粗さが気になるという情報もありましたが、それほど気にはなりませんでした。

SN3J1214.jpg
仮組みしてみたところ、やはりコックピットと機体の間に隙間が出来ました。

SN3J1215.jpg
今回は上面だけなく横の隙間もプラ板で埋めます。

SN3J1216.jpg
インテークはF-16と同じ工作をします。
奥を開口してプラ板で延長。

SN3J1217.jpg
インテークの口(A1)はそのまま組立てると段差が発生します。
接着する際左右のパーツ(A6,A7)を横から力を加え、少しつぶし気味にして取りつけるとぴったりとはまります。

SN3J1218.jpg
機体の内側をコックピットの色で塗装します。
成型色が黄色なので、透け防止のため全面に吹き付けました。

今回はF-16の経験を生かしてサクサク進みそうです。
今日予約していた1/72あずキャットが届きました。
積みキットが増えていく(´Д`;)ワンフェスで買ったガレキも早く作りたいし…

と言う訳でF-2Aの組立てをテキパキと進めます。

SN3J1219.jpg
胴体と翼を接着しました。
胴体の後ろの方に挟むタービンの部品(K9)の取り付け位置が説明書では間違っています。説明書より手前に接着。

SN3J1220.jpg
今回継ぎ目消しにはシアノンを使っています。瞬着より切削性が良いのと色が付いているので削った所がよくわかるからです。
胴体と翼の間に大きな隙間がありました。継ぎ目を一旦埋めてからパネルラインを彫り直します。

SN3J1221.jpg
ランディングギアは今回はディテールアップ無し。
パーティングラインを消して押し出しピン跡を埋めます。

SN3J1222.jpg
継ぎ目のチェックにベースホワイトを吹きました。スジ彫りがヨレヨレの所を再度処理します。

SN3J1223.jpg
増槽とミサイル(ASM-2)の接着と継ぎ目消し。
これらは接着跡をきれいに処理してからフィンを接着します。先に付けてしまうとペーパーが掛けられません。

SN3J1224.jpg
ASM-2は先端をクリアー化するのでデザインナイフで切り落します。

下処理が終わったらベースホワイトをきれいに洗い落して塗装に入ります。
あずキャット中身を確認。なんかハンパねえ!ww
説明書が冊子だし、エッチングパーツ付いてるし。こりゃ難物と言われる訳だ。

さて、F-2Aです。
今回は目立つ所だけをいじって、機体の裏とか目立たない所は基本素組みで行く予定です。

SN3J1225.jpg
で、結構目立つ放電索。F-16と違ってきちんとモールドされているのですが、ぶっとくてカッチョワリイ。
なので全部切り飛ばしてあとで伸ばしランナーで作り直します。
水平尾翼の放電索ですが、キットと実機では位置が違っています。ここは実機に合わせる為根元だけ切り取って移植します。写真は移植後。

SN3J1226.jpg
継ぎ目消しの時に消えてしまったレドームのモールドを再生。

SN3J1227.jpg
ホワイトを吹きました。
機体色をのせるパーツは全てホワイトを吹きます。下地の色を統一しないと発色がばらばらになってしまうからです。

SN3J1228.jpg
ホワイト部分のマスキング。ここはF-16と同じ。

SN3J1229.jpg
脚収納庫をティッシュでマスキング。
F-16の時はマスキングせずに機体色を塗装して後から白を吹きましたが、今回は奥まった所はそのまま下地の白を生かします。

SN3J1230.jpg
機体色を塗装。
F-16と比べて若干ブラウン多めです。
プラッツから1/72 F-2A用のエッチングパーツが出ていることを今日知った(´Д`;)
今さらながら買おうかどうか悩み中。でも組立て終わってる状態で取り付け出来るんだろうか?

作業の方は細かな塗り分け中です。

SN3J1231.jpg
コックピット周り。

SN3J1232.jpg
脚収納庫。
今回は下地の白を吹いた段階でティッシュでマスキングしていたので、塗装は塗り分け境界部分だけです。

SN3J1233.jpg
翼の付け根の機体側面。
ここはF-16では塗り分けが無いんで見落としがちです。

SN3J1234.jpg
エンジンノズル。
ここのマスキングはちょっと厄介です。エアブレーキが邪魔しています。
細切りテープを少しずつ貼っていきます。

SN3J1235.jpg
兵装類を指定色で塗装。

SN3J1236.jpg
キャノピーのパーティングラインを消します。
キャノピーは横から力を加えるとすぐに真っ二つに割れてしまいます。なので割れにくいように中に詰め物をしています。ここではマスキングテープを丸めて使用。

SN3J1237.jpg
フレームを残してテープとゾルでマスキングします。
外側と内側両方にマスキングします。外側を機体色、内側をつや消しブラックで塗装する為です。

あーエッチングどうしようか(´Д`;)
結局エッチングパーツは買うのをやめました。
送料入れると2000円近い値段はやはり大きい。

SN3J1238.jpg
で、気休めと言ってはなんですがコンソールをプラ板と伸ばしランナーで自作しました。エッチングには遠く及びませんが。
コンソール周辺も隙間が空いていたので、ぴったりとしたサイズに合わせました。

SN3J1239.jpg
そしてシートと共に取りつけ。

SN3J1240.jpg
キャノピー裏にバックミラーと取っ手を付けました。

SN3J1241.jpg
キャノピーを取りつけて機体色で塗装。
接着剤は木工用ボンドを使っています。持って遊ぶ訳ではないんで、逆さまにした時に取れなければ何でもいいんです。
木工用ボンドだとはみ出した時に簡単にふき取れるし、乾燥後は透明だし、何度でもやり直しできます。

SN3J1242.jpg
機体の細かな塗り分けが終わりました。
F-16と較べるとアンテナ等細かな塗り分けが多いです。


このあとスミ入れしてクリアーを吹きます。
プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。