TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

ミクが目の塗装に入ったので次のキット行きまーす。
次はこちら。

SN3J1441.jpg
ジェットストリームさんの「続々・殺戮のジャンゴ害伝 地獄のビッチハイカー 元気コーディネーター」です。
それほど新しいキットではないんですが、今年のワンフェス冬で再販されていたのを見かけ、おっぱいにつられて購入しました。現在通販でも購入できるようです。

SN3J1442.jpg
パーツは30点。薄くて細いパーツが多いです。気を付けないとポッキリいきそう。
久々のホワイトレジンキットです。シアノンと色が同じなのでパテ埋めが楽。

SN3J1443.jpg
完成見本はこんな感じ。
これもまた塗り分けが多いぞー!!ヤッター!(´Д`;)

SN3J1444.jpg
鎖のパーツ。スゴイ、こんなの良く抜けたな。

SN3J1445.jpg
各パーツにはパーツ同士を合わせる凹凸とそれとは別に軸打ち用のガイド穴があります。とても親切です。
早速仮組。

SN3J1446.jpg
前述の通り軸打ち自体は簡単なのですが、ちょっと工夫が必要な所があります。
左足のパーツですが、挿し込む腰パーツの部分の厚みがなく軸の深さが十分に取れません。

SN3J1447.jpg
なので先に腰ベルトと上半身のパーツを貫通方式で軸打ちして取り付けて、そのまま左足側から上半身もろとも穴を開けます。
上半身を一旦取り外して左足を合わせて、逆から左足に向けて穴を開ければズレなく軸打ちできます。

SN3J1448.jpg
SN3J1449.jpg
仮組完了。ムチムチっす。
パーツの合いもまあまあ、気泡も無さそうでキットの質は良好のようです。
これから離型剤落として煮込みます。
ジェットストリームさんの元気コーディネーター(略して「元気コ」らしい)はペーパー掛けを開始したのですが、いきなり難問にブチ当たりました。

SN3J1443.jpg
今回のキット、足と腕が牛模様になっていて、その模様のスジ彫りがあるんです。

SN3J1450.jpg
ちょっと写真では分かりづらいんですが、スジ彫りを横切ってパーティングラインが…
しかもそのスジ彫りがとても浅くて繊細なのだ。そのままペーパー掛けしたら一発で消えてしまう。
なのでペーパー掛けする前にまずスジ彫りを深く掘らねばなりません。
ペーパー掛けは塗装の食い付きを良くするためにいつもパーツ全面に行なうんで、結局スジ彫り全てを彫り直すことに…(´・ω・`)ナンテコッタイ

SN3J1451.jpg
牛模様以外にも細かな皺の上にもパーティングラインがあるので、ここも皺の山を削らないように慎重にペーパーを掛ける必要があります。

SN3J1452.jpg
とりあえず足1本ペーパー掛けが終わったところ。
このようなランダムな曲線のスジ彫りはとても難しいです。けがき針が線から外れて余計な所を彫ってしまったらシアノンで埋めて彫り直しての繰り返し。

SN3J1453.jpg
結局2日かけてペーパー処理が終わったパーツはたったこれだけ(´Д`;)
こりゃ下地処理だけで1週間コースかな。長い戦いになりそうだぜ…
元気コはペーパー掛けの真っ最中です。
いつもなら最初は240番ぐらいのペーパーでガシガシやっちゃうんだけど、今回はどのパーツもモールドがあまりにも繊細なので400番スタートです。

SN3J1454.jpg
鎖のパーツ。
最後に残しておくと嫌になっちゃうんで、一番やっかいなパーツを早めに処理しちゃいます。嫌いなものは先に食べちゃう主義です。
本物の鎖に取り変えようとも思ったんだけど、鎖を一個一個接着するのも結構面倒なので潔くペーパー掛けします。
これはもう根気よくバリを取ってパーティングラインを消していくしかありません。
黙々とやっていたら1本処理するのに1時間近くかかった(´Д`;)

SN3J1455.jpg
ウエスタンブーツ。こちらもモールドが多いー。

SN3J1456.jpg
拍車のところを開口。

SN3J1457.jpg
顔はまつげの所がモールドになっていて不自然に飛び出ているので、削り取って自然なフェイスラインに。
あと瞳のモールドもあったのでこちらも削って平滑にしました。

今日はこれだけ。
3日もペーパーかけているのにまだパーツの半分も終わってねー(´Д`;)
ペーパー掛けはいよいよ細かいパーツに入ります。
なんか毎回パーツご紹介ページみたいになってスンマセン、だってこれしかネタないんだもん(´Д`;)

SN3J1458.jpg
腰のベルト。薄い上に細かいモールドまで入っている。
折ってしまったら修復は困難。

SN3J1459.jpg
ビキニの紐。折らなかった俺エライ!
極細のパーツもキッチリ抜けています。この再現度はスゴイ。

SN3J1460.jpg
しかもボディーに合わせると寸分狂わずきっちりはまります。
まさか複製時の収縮も計算に入れて原型を作っているとか?

SN3J1461.jpg
手もちゃんと爪のモールドがあります。

SN3J1462.jpg
拳銃。写真だと良く見えないんだけどグリップに木目のモールドがあります。芸が細かい。

SN3J1463.jpg
アホ毛。これも細い。
先端は限界まで尖らせてあります。

なんかペーパー掛けごときに神経をすり減らしてます。
長かった作業も明日には終わるかな。
ジェットストリームさんの元気コはやっと下地処理が終わって塗装に入りました。

SN3J1493.jpg
持ち手を付けたところ。30パーツは多いな。
このあとキズのチェックとしてべースホワイトを吹きました。
ホワイトキャストにベースホワイト吹いても意味なくね?と思われるかもしれませんがそんなことはない。

SN3J1494.jpg
こんな感じで削り忘れたパーティングラインが見えてきます。

SN3J1495.jpg
ここも。
これらを再度ペーパがけしてもう一度ベースホワイトを吹いてキズが消えたらOK。
うすめ液にドボンしてベースホワイトを落として、最後に中性洗剤+クレンザーで磨いたら下地処理完了。
今回はクレンザーがなかったんで代わりに歯磨き粉を使いましたww

SN3J1496.jpg
接合面をマスキングしてメタルプライマーを吹いた所。

SN3J1497.jpg
まずは肌の塗装。いつもの通りサフレスで。
最初にシャドー部分を細吹き。

SN3J1498.jpg
次にノズルを開いて全体を塗装。
この段階ではシャドーがきつく感じられますが、つや消しクリアを吹くと落ち着きます。

SN3J1499.jpg
肌の次は塗り分けが必要のないパーツをまずやっつけてしまいます。
手首に付く鎖。Mr.メタルカラーのクロームシルバーを吹いて布で磨いた後エナメルブラック+ジャーマングレーでウォッシング。

SN3J1500.jpg
マフラー。
基本色はモンザレッド。シャドーにマルーン。

この後はメンドクセー塗り分けが多数待ち構えています(´Д`;)
プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。