TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

次のキット行きます。
これまで何作か結構手のかかる作品を作ってきたので、今回はパーツ数も塗り分けも少なくストレスなく作れるキットを選んでみたいと思います。
となると自分の中の選択肢としては必然的にクルシマのエヴァシリーズになる訳ですが、今回はこちらです。

SN3J2016.jpg
「クルシマ製作所 1/8スケール 惣流・アスカ・ラングレー 水着(アイスキャンディ)」です。季節的にも合っていていいんじゃないでしょうか。
原型はこのblogではおなじみの片山博喜氏。相変わらず可愛らしい造形ですね。片山さんのエヴァシリーズはできればフルコンプしたいと思っています。

SN3J2017.jpg
パーツ数は11、NERVマークが印刷された塩ビ製のベースが付いています。
パーティングラインの段差は若干ありますが、気泡もなくキットの質は良好です。

SN3J2018.jpg
ただ細かいパーツはバリが少し目立ちます。
この水着の紐のパーツなんかは縁日の型抜き状態ww

SN3J2019.jpg
このキットの一番の問題が腕の分割。背中中央で左右に分割されています。
肩紐を首で結ぶタイプの水着なので、どうやっても肌部分に分割ラインが出来てしまいます。まあ二の腕ぶった切られるよりはナンボかマシです。
今回はこの分割ラインをいかに処理するかが製作のカギになります。

SN3J2020.jpg
いつもの通り出来る限り貫通方式で軸の穴を開けていきます。
ガイドとなる穴もあるので軸打ち作業は楽です。

SN3J2021.jpg
てことでサクサクと仮組完了。
両足の付け根に少し隙間が出来ます。左右の腕の分割線は極力目立たない所にあるのですがやはり気になります。
どうやって処理するかは下地処理やっている間に考えよう。
クルシマのアイスキャンディアスカです。
前回は仮組みまででしたがこの2日間で一気に作業を進めました。
下地処理は気泡もなくパーツ数も少ないこともあり、1日ちょっとで終わってしまいました。

SN3J2022.jpg
足の継ぎ目だけは合わせ目処理をしました。
今まで合わせ目処理はシアノンを使っていたのですが、今回はレジンキャスト液を使ってみます。
何度か使って扱いに慣れたってのと、やはり100%サフレスを目指したいと言う理由で。

SN3J1965.jpg
澪の時に紹介しましたがこんな感じで数滴出して混合して使います。
合わせ目処理方法は普通のパテと一緒。片方のパーツに離型剤代わりのメンタムを塗ってもう片方のパーツにレジンキャスト液を付けて合わせます。
レジンキャスト液は混合直後だと粘度が低くサラサラで扱いづらいのですが、1分程置くと粘度が上がって盛りやすくなります。

SN3J2023.jpg
ベースホワイトを吹いての傷チェックは1回で終わりました。シンナードボンして洗浄してメタルプライマーを吹いたところ。

SN3J2024.jpg
一気に肌塗装まで進めます。
まずは目のマスキング。

SN3J2025.jpg
サフレス用クリア塗料でシャドーを吹いたところ。
くぼんでいる所や水着との境界をエア圧を絞って細吹きします。

SN3J2026.jpg
ハイライト部分を微妙に残しつつ全体を塗装。

SN3J2027.jpg
腕は継ぎ目処理があるので背中部分は塗装しません。

SN3J2028.jpg
足の塗装も完了。

この後水着の塗装をしてから継ぎ目処理を行います。
世間はお盆で帰省だ旅行だ言ってるのにオラァ相も変わらず地味~にモケー作りですわ。

なんてことはどうでも良くてアスカです。前回で肌の塗装を終わらせました。

SN3J2029.jpg
まずは水着の塗装です。
マスキングしてキアライエローを吹きます。
今回はイエローの水着?イヤイヤこれは赤を塗装する為の下地色です。赤は色ムラが出やすいので黄色やピンクで下地を作っとくといいです。

SN3J2030.jpg
そして水着のレッドを塗装。
色はシャインレッド+蛍光レッド。蛍光レッドを足すと発色がよくなります。

SN3J2031.jpg
そしてここで両腕の接着。やはりちょっと分割ラインが目に付きます。
背中部分は未塗装です。

SN3J2032.jpg
分割ラインを消す為にレジンキャスト液を垂らします。

SN3J2033.jpg
硬化後ペーパーで整形。分割ラインが綺麗に消えました。

SN3J2034.jpg
そしてプライマーを吹いてからサフレス塗料で背中の塗装。

SN3J2035.jpg
水着の色が一部落ちてしまったので肌をマスキングして再塗装。
これで分割ラインの処理は完了です。

SN3J2036.jpg
マスキングを剥がしたところ。心配していた色漏れもありませんでした。

今日はここまで。早くも明日には塗装が終わる勢い。
アスカは塗装の続きです。

SN3J2037.jpg
髪の毛を塗装しました。
基本色を黄橙色、シャドーに黄橙色+レッド少量、ハイライトにキアライエロー。
片山さんのアスカはアニメの設定色より明るい色の方が似合うようです。

SN3J2038.jpg
続いて目の塗装。眼球の影をマスキングしてエアブラシで塗装。色はホワイト+コバルトブルー少量+ミディアムブルー少量。
そしてクリアコーティング。

SN3J2039.jpg
エナメル塗料で目の描き入れ。第一段階はこんなもん。
この後クリアコーティングをして乾燥させます。

ここまで来たらあと2日ぐらいで完成させたいところです。
そろそろ次のキットに行きたいところですが、まだアスカをチビチビと進めています。

SN3J2040.jpg
目はクリアコート後瞳の色を塗りました。
エナメルのクリアブルーとクリアでグラデーションぽくします。

SN3J2041.jpg
アイスキャンディは透明感を出す為に下地の色を付けません。
キャスト地のままクリアブルー+クリアを吹きます。これもサフレス塗装。

SN3J2042.jpg
首ひもに少し素材感を出したかったので本物のひもに置き換えます。
手芸店で買ってきたビーズ用のコード。

SN3J2043.jpg
蝶々結びして瞬着で形を固定、水着と同じ色で塗装します。

あとは目の塗装を終わらせてツヤの調整をして組み立てれば完成です。
プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。