TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

アスカが思いっきり途中ですが、諸事情により次のキットに着手します。次はこちら。

image
ガンドールさんの夜勤病棟より七瀬恋。確か2010WF冬にムチムチの身体とおっぱいにつられて購入。

image
パーツ数は13.ボディは着衣と裸の2種類がありますが、残念ながら差し替え可能なコンパチ仕様にはなっておりません。それは何故かと言うと…

image
腕が1セットしかないので差し換えにしようとすると腕に分割ラインが出てしまうのです。なのでどっちかを選択して作らなければなりません。うぅ、もったいない(´・ω・`)

image
とりあえず仮組み開始。足は上から貫通式で軸を打ちます。

image
仮組完了。まずは着衣の方から。女性っぽい柔らかな肌の曲線が秀逸です。

image
そして半裸の状態。艶めかしい腰のライン、手で隠してもこぼれ落ちそうな胸、柔らかな胸に食い込んだ指の表現、ス、スバラスィemoji

半裸もいいが見えそうで見えない着エロも捨てがたい。どっちかなんて選べないナリ!
しかし差し替えにすると腕の継ぎ目が目立つ…自分的にはこれは許容できない。
うーん、悩む悩む(´Д`;)
と頭を抱えた所で今日の所は終わり。どうにか出来ないか明日一日考えよう…
スポンサーサイト
ガンドールさんの七瀬恋です。何とかして両方のボディを生かすべく少ない脳味噌で色々と考えました。
最初は腕の継ぎ目をどうにかして隠せないかと言う事だけを検討していたのですが、ある時ヒラメキました。

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`)
     ノヽノヽ
       くく

「そうだ!腕がもう1セットあればいいんじゃね?」

腕を差し替えるんじゃなくて、2つのボディにそれぞれの腕があれば万事解決です。
よっしゃ、複製や!

image
複製の型ですが、いつもやってるお手軽紙コップ方式ではさすがに指先まで抜けないと思ったので、素直に2面式型を作ります。
まずはレゴブロックで枠を作って粘土埋め。境界をパーティングラインに合わせて埋めます。

image
シリコン流し込み。

image
片面のシリコンが硬化したら粘土をきれいに取ってバリアコートを塗ってもう片面にもシリコン流し込み。

image
型が出来たら湯口を作って、指先からは逃がし口を彫ります。

image
テストショット。腕の根元に少し気泡が出来ました。
気泡が出来ないようにレジンの通り道を少し広げます。

image
2回目を流してゲートとバリを取り除きました。気泡も出来ず指先まできれいに抜けています。

image
ボディに合わせてみました。バッチリemoji

これで腕の問題も解決したので次回から下地処理に入ります。
ボディのコンパチ化問題も解決したので下地処理に入ります。

まずはパーツの継ぎ目処理から。パーツ同士の合いはかなりいい方なんですが、レジンキャストの性質上どうしても隙間なしと言う訳にはいきません。紙の薄さ程の隙間も仕上がりに影響します。
継ぎ目が見える所はほぼ漏れなく継ぎ目処理をします。

image
肌パーツの継ぎ目処理にはレジンキャスト液を使います。レジンの食い付きを良くする為にリューターで溝を彫っておきます。

image
片方のパーツにメンタムを塗りもう片方にレジンを塗ったらパーツを合わせて、硬化後にナイフとペーパーで整えます。
きれいに隙間がなくなりました。

image
ペーパー掛けの前にもう一作業。ボディの差し換えを簡単にする為に磁石を仕込みます。
腰の部分は5mm径のネオジム磁石。

image
image
帽子と顔のパーツには3mm径の物を使います。

image
ペーパーがけを進めつつ接着できるパーツは接着してしまいます。
髪の毛のパーツは3分割されていたのでそれらをシアノンで接着します。

今回はパーツ数も少ないので、下地処理はそんなに時間がかからないと思います。
下地処理の続きです。ペーパーをかけつつ気になる部分を直していきます。

image
裸のボディの方に右腕を接着しました。継ぎ目は明るい所で良く見るとうっすら見える程度です。
左腕は接着しようかどうか悩む所。右腕同様継ぎ目処理が必要なのですが、接着してしまうと胸と重なっている部分の塗装がやりづらくなります。とりあえずこのままで保留。

image
その左手ですが、薬指が胸のくぼみに対して浮いてしまっています。ここは修正しましょう。

image
薬指の内側に切れ込みを入れます。指が切断されないギリギリの所で留めておきます。
そして切れ込みの部分から少しづつ指を内側に曲げて瞬着で接着します。

image
ぴったり合いました。

image
指が食い込んでいる胸の部分はキットのままだとへこみがきつすぎるので、レジンキャストを盛って再構成します。
張りがあってかつ柔らかい胸に指が食い込んでいる様をイメージして微妙な曲面を作ります。

今日はここまで。一通り磨きと修正を終えたらベースホワイトを吹いてさらに磨いていきます。
ガンドールさんの七瀬恋です。最初名前を「ななせ・こい」だと思っていたのですが「ななせ・れん」でした(´Д`;)
作業の方はあまり進んでいません(´Д`;) 実はここ2、3日製作の合間にブログパーツなどを作ってたりします。
ただでさえ作業時間が少ないのに余計なことしないでもっと頑張れっちゅうの<俺

image
前髪に磁石を仕込みました。
当初は前髪と顔のパーツを接着してしまうつもりだったのですが、接着面積が広くとれないのと、一体だと頭との合わせ込みに苦労しそうなので別パーツのまま差し換えとしました。

image
前髪と頭のパーツの合わせ込みをします。隙間があると目立つ部分なので何度もすり合わせをして隙間をなくします。

image
こちらはもう一方のボディとの合わせ込み。
一つのパーツをふたつのボディーに隙間なく合わせ込むのは結構難しいです。

image
おさげの髪も差し換え式です。3mmの磁石がギリギリ入りました。

image
一通りペーパー掛けが終わって1回目のベースホワイトを吹く所まで来ました。
今回塗装はそれほど面倒くさくなさそうなんで、出来たらGW中に完成させてしまいたいです。
プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。