TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

前作完成からちょっと間が開いてしまいましたが、次行きます。
次はこちら。

IMG_6298.jpg

日向夏さんの機動戦士ガンダム00より、ネーナ・トリニティです。
今回は製作依頼品になります。

原型は硫黄泉のzenkoさんです。このキットは硫黄泉ではなく「日向夏」というディーラー名で出しています。
硫黄泉さんは好きなディーラーさんの一つで作ってみたいなーと思っていたのですが、なかなかキットを手にする機会がありませんでした。
そんな中製作依頼がありまして引き受けることにしました。

IMG_6301.jpg

パーツ数は22。塗装組立てしやすいようにパーツ分割もスジ彫りに沿ってされていたり、結構考えられてますね。
サンライズ版権なので発売はキャラホビでしょうか。ワンフェス夏キットにありがちな微細気泡てんこ盛りではないようです。

IMG_6302.jpg
とは言っても手流しキットなので、このように大きな気泡は結構あります。

IMG_6304.jpg
ダボがしっかりついているので、それを目印に軸穴を開けていけます。
仮組みはすんなり済みました。

で、今回のキットは無重力空間と言う設定だそうです。
ディーラーさんの作例では真鍮線1本で豪快に浮いていたのですが、真鍮線だとちょっと目立って味気ないし強度にも大いに不安があります。

と言うことでどうベースに設置するかは次回までの宿題です(´Д`;)
GW中は色々と忙しくてあまり作業時間が取れずに間が空いてしまいましたが、製作に戻ります。
前回の宿題だったベースへの固定方法です。

IMG_6310.jpg
このようになりました。
5mmのアクリルパイプ2本で固定しています。
作例のような真鍮線1本ではとても支えられません。
ベースとの固定はみずほで使った透明ビス。フィギュアとの固定は2mmアルミ線と1mm洋白線です。
右足の支えがちょうど足の先端なので目立たないように細い洋白線にしています。
2本で支えることによりかなり安定しました。

IMG_6352.jpg
ベースへの固定方法が決まったところで離型剤クリーナーに浸けて洗浄します。

IMG_6353.jpg
ちょっとディテールアップ。
首の付け根部分です。ダボはありますが合わせ目がモロに露出してしまいあまり見栄えが良くありません。

IMG_6354.jpg
襟の所を0.5mm程彫り込みます。

IMG_6355.jpg
首を彫り込んだ分だけレジンキャストで延長して差し込めるようにしました。
合わせ目が隠れることにより見栄えが良くなってなおかつ服を着ている質感もアップします。

IMG_6356.jpg
仮組みの時微細気泡はなさそうと言いましたがやっぱりありました(´Д`;)
しかもかなり広範囲に。
しかし今回はサフレス塗装は顔だけなので、ごっそり削り取ってシアノンを盛りました。

IMG_6398.jpg
表面を整えた所です。
レジンの部分とシアノンの部分の色の違いがはっきり出ています。もしここにサフレス肌塗装したら色がまだらになります。
シアノンはサフレス塗装時のパテとして使っている人もいますが、私のやっているようなクリア系のサフレス塗装だとシアノンも使えないのです。

しばらくは気泡埋めと下地処理が続きます。
やっと全パーツ気泡埋めとパーティングライン、ゲート跡消しが終わりました。
今回のキットは型がヘタっていたのかモールドがヨレていたりディテールが潰れていたりしている部分が多いです。
メリハリをつける為に全パーツスジ彫りやモールドを掘り直します。

IMG_6400.jpg
髪の毛表面が結構波打っていたのですが、それよりなにより髪の束が太く全体的にぼてっとしていてシャープさがないのが気になりました。

IMG_6426.jpg
先端を細く、分かれ目や窪みを深く削り込んでシャープにしました。

IMG_6428.jpg
他の髪の毛のパーツも削りました。

IMG_6425.jpg
足の合わせ目処理をします。
片側にメンタム塗ってもう片側にシアノン盛って合わせます。

IMG_6429.jpg
お尻の合わせ目はちょうどスジ彫りのラインなので合わせたままでスジ彫ってから分割します。
もし組み立て後に合わせ目が目立つようであれば、合わせ目消して再塗装します。

IMG_6430.jpg
表側はスジ彫りラインではないので、塗装後に合わせ目消しが必要なようです。

この後ベースホワイトを吹いてさらに磨き込んでいきます。
更新が滞って申し訳ありません。

ちょっと仕事が立て込んでたというのと、一応少しずつ作業はしていたのですがベースホワイトを吹いたら微細気泡が大量に現れて(´Д`;)
それをチマチマ処理していました。

ということで今回のエントリーは現状の報告だけです。スミマセン。

IMG_6511.jpg
今は2回目のベースホワイトを吹いたところです。
これから見落とした気泡を埋めつつさらに細かく磨いていきます。

IMG_6512.jpg
耳の後ろの髪の毛が一房別パーツだったので接着して合わせ目を消しました。

出来たら来週には塗装に入りたいな~と、そんな所です。
一ヶ月以上放置してしまって申し訳ありません。

仕事が猛烈に忙しかったというのもあるのですが、正直言うといつまでやっても終わらない気泡処理に心が折れ手が止まっていました(´Д`;)
全くもって申し訳ございません(´・ω・`)
まだまだ修行が足りません(´Д`;)

ここまですごい気泡は初めてです。全パーツくまなく気泡がありました。
しかもペーパーかければかけるほど出てくる微細気泡がびっしりと(´Д`;)

IMG_6595.jpg
特にひどかったのが左足のパーツです。表面の7割は気泡で埋まっていました。
最初はちまちま埋めていたのですが、これじゃ10年たっても終わらんと思い、表面をルーターでゴッソリ削ってポリパテ盛りました。
モールドも全部彫り直しです。
手間はかかりますが最初からこうすれば良かったです。
こんな感じのパーツがあと3,4個あります。

IMG_6657.jpg
やっとサフ吹いてなめらかな下地になりました。
いつもはサーフェイサーは使わないのですが、今回はそんなこと言ってられませんでした。

IMG_6659.jpg
あと苦労したのが髪の毛のパーツ。
こういう起伏が激しいパーツに気泡が多いとげんなりです。
足のパーツのようにリューターで表面を削ってしまうとディテールが崩れてしまうので、もう1個1個埋めていくしかありません。

IMG_6658.jpg
顔のパーツはメタルプライマー吹いて、その他のパーツはサーフェイサー吹いてラプロスの4000番で軽く磨いてやっと下地処理が全て終わりました。
今回サフレスが顔だけで助かりました。もし他の体のパーツもサフレスだったら一生終わらなかったかもしれません(´Д`;)

大分足踏みしてしまいましたが次回からやっと塗装に入ります。
次はそんなに間が空かずに更新できると思います。
プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。