TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

後が詰まっているので早速次の依頼品に着手します。

DSC_0575.jpg
卓球模型さんの芹澤桃花 ロングヘアver.、オリジナルキャラのようです。
初出は2011年ですが人気があるのか再販を続けて、今年になってこのロングヘア版が出ました。
ボディは同じで髪の毛がストレートロングとウェーブセミロングの2種類になっています。

DSC_0578.jpg
パーツ数は32。差し替えパーツが多いのと髪の毛が細かい分割になっているのでパーツ数が多いです。
複製はRCベルグ。気泡はそれほどなさそうですがバリが多くパーティングラインの段差も少しあります。
ベルグの複製はもうちょっとシャープな印象だったんだけどなぁ。

DSC_0579.jpg
腕などは貫通式で軸穴を開けていきます。
軸を2本打つ場合は、1本の穴を開けたら真鍮線を刺してそれをガイドに平行になるようにもう1つの穴を開けていきます。

DSC_0580.jpg
腕側に穴を開ける時も、1箇所穴を開けたら真鍮線を刺して腕をしっかり固定してからもうひとつの穴を開けます。
固定しないで2つの穴を開けると位置がずれて真鍮線が刺さらない事態になる可能性があります。

DSC_0588.jpg
今回のキットはストレートロングはランドセルなし、ウェーブセミロングはランドセルを背負うようになっています。
ランドセルを着脱するには腕を外さなければなりません。簡単に外せるように磁石を仕込みます。
軸穴を目印に穴を広げてネオジム磁石を埋め込みます。

DSC_0590.jpg
マイクロビキニの三角部分が布地ありと布地なし(チクビ)に差し替えられるようになっています。これは斬新。
しかし引っ張って持つ所がないので、真鍮線や磁石で固定してしまうと2度と取れなくなってしまいそうです。どのように固定するか悩み所。

DSC_0583.jpg
このキットの最大の難所はランドセルの合わせ込みです。ボディ、腕、髪の毛それぞれに干渉します。
合わせる時はボディに腕と髪の毛をしっかり固定してからランドセルの位置を決め、それに合うようにランドセルの肩紐を矯正してやります。

DSC_0586.jpg
仮組み完了。
こ、これはヤバイんでないかい?(;´Д`)
もしブログの更新が途絶えたら児ポ法でお縄に付いたと思ってください(;^ω^)

DSC_0585.jpg
ストレートロングヘアバージョン。

次から下地処理です。
芹澤桃花は下地処理中です。
パーティングラインを消しつつディテールアップしたりその他工作を加えていったりしています。

DSC_0600.jpg
今回のキットは全体的にモールドがかなり甘くもっさりしているので、ほぼ全てのモールドを彫り込んでいます。
左が彫る前、右が彫った後。

DSC_0596.jpg
ランドセルを持つ右手掌がもっこりしていてドラえもんの手みたいだったので彫り込んで皺も作りました。
指も太かったので細くしています。

DSC_0597.jpg
爪のモールドがなかったので彫り込み。

DSC_0598.jpg
後ろ髪はパーツ分割されているのですが、はめ込む後頭部が逆テーパーになっているので後ろ髪パーツを全て接着してしまうとはめ込み出来ません。
かと言って塗装後に接着して合わせ目処理をしてしまうと、今度は髪の毛パーツの差し替えが出来ません。
これは大問題。

DSC_0599.jpg
後ハメ出来るように後頭部を削り込みました。
これで髪の毛差し替えも問題なく出来ます。

今回のキットはモールドが甘い、パーティングラインの段差がキツイ、表面もデコボコして荒いとあまりよろしくないので、下地処理には時間がかかりそうです。
芹澤桃花は下地処理の真っ最中です。
ペーパーがけはいつもは400番スタートなのですが、今回は表面がかなり荒れているのとパーティングラインの段差もきついので320番でパーツ全体をくまなく磨いて一皮剥いています。それと同時にモールドの彫り込みなどなど。

DSC_0601.jpg
分割されていた髪の毛のパーツが一通りきれいになりましたので接着して合わせ目を消しました。

DSC_0602.jpg
ウェーブセミロングの方も同様。
前回記事で紹介した後ハメ加工をしておかないと髪の毛がはまりませんのでご注意。

DSC_0603.jpg
前髪と後ろ髪の隙間が開いていたのでレジン液流し込んで埋めました。
前髪と後ろ髪は取り外しするので接着しません。

DSC_0604.jpg
髪の毛を差し替える時の為にネオジム磁石を埋め込み。
ボディと後ろ髪の接続は5mm径、前髪は2.5mm径です。

DSC_0605.jpg
モールドは全て彫り直し。
ランドセルのベルトの辺りなどは重なり感を出す為にかなり深く掘り込んでいます。

DSC_0606.jpg
そんなこんなで手のついていない残りのパーツはズボンと小物だけになりました。
こいつらを処理したら全パーツサフ吹いてさらに磨いていきます。

引き続き頑張ります(;^ω^)
下地処理はまだ半ばです。
平日はあまり作業する時間が取れないので、休みの日にまとめて進めています。

DSC_0607.jpg
ランドセルのベルト。
ディテールがとてもよく作り込まれているのですが、モールドがだるだるだったので全部彫り直しました。

DSC_0608.jpg
頭に付くハイビスカスの花飾り。
1.5mmのネオジム磁石で固定します。
髪の毛の方の磁石は少し深めに入れてあり、後で穴をシアノンで埋めて表面をきれいに整えます。

DSC_0609.jpg
取り付け方法に悩んでいたチクビの差し替えパーツ。
結局磁石で固定することにしました。ボディ側に1mmの磁石、チクビパーツ側に1.5mmの磁石を埋め込み。
磁石の結合力が強いと取れなくなるので、ボディ側の磁石を少し深く埋め込んで磁石同士が直接触れないようにしています。

DSC_0610.jpg
チクビパーツを取り外すためにこんな物を作りました。「チクビ取り棒~!」
プラ棒の先端に5mmの磁石を付けています。

DSC_0611.jpg
こんな風に使います。棒の磁力の方が強いのでパーツを取り外すことが出来ます。

DSC_0612.jpg
全パーツ一通り磨きが終わって肌パーツはベースホワイト、その他は白サフ吹きました。
これから残った傷などをチェックしつつ更に磨いていきます。
2週間ぶりの更新です。
この2週間、ずーっとシコってました(*´∀`*)
毎日サルのようにシコりまくってました(;^ω^)
シコりすぎて肩こりがひどいです(;´Д`)

今回のキットはかなり表面がガタガタで下地処理に多くの時間を費やしています。もうタミヤの3枚入りサンドペーパーを一袋消費しています。
と言うことで目に見える進捗はあまりないのですが、あまり更新しないと逮捕されたと誤解されるんで更新します(;´Д`)

DSC_0613.jpg
現在ペーパーがけ2週目です。一番の難敵の髪の毛は磨き終わりました。でももしかしたらもう一周必要かもしれません。
髪の毛パーツ1個磨くのに4、5時間かかっています。

DSC_0614.jpg
肌パーツは2回ベースホワイトを吹いてほぼ磨きが完了しました。
もう一回ベースホワイトを捨て吹きして問題なければベースホワイト落として洗浄してプライマー吹きます。
ちなみにベースホワイトは磨く度にシンナーに漬けて全部落としています。重ねて吹くと傷が埋まって見落としてしまうからです。

来週あたりには塗装に入りたいなー。
簡単ですが今日はこんなところで。
プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。