TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェットストリームさんの元気コーディネーター(元気コ)、やっと完成しました。
それでは目の塗装工程から。

SN3J1560.jpg
いつものように睫毛から描き始めます。
エナメルのブラック+レッドブラウンで細かく修正をしつつ描いていきます。
今回のキットは眼球と瞼の間が結構段差になっていて描きづらかったです。

SN3J1561.jpg
瞳の輪郭と瞳孔を同じくブラック+レッドブラウンで描きます。
こちらは睫毛よりレッドブラウン多め。
Niθ氏デザインのキャラは目に特徴がありますね。どのキャラも睫毛バサバサで瞳の中がぐるぐるしてます。

SN3J1562.jpg
クリアレッド+クリアイエロー少量で瞳に色を入れます。上の方はスモークを足してグラデーションに。
瞳の影を入れるのを忘れていたのでこの段階で描きました。
最後に星を入れて目の描き込みは終わりです。

SN3J1563.jpg
クリアコート後に目と口の中をゾルでマスキングします。この時のゾルはクレオスのマスキングゾルNEOを使っています。
ゴム系の方がゾルの境界をコントロールしやすいのと塗膜を傷つけずに剥し易いからです。
このあと後つや消しクリアを吹いて口の中をレッド+イエロー+ホワイトで塗りました。

SN3J1564.jpg
顔が乾燥したら組み立てて完成です。
組み立ての順番をまた間違えてしまいました。胸のパーツと腕のパーツを先に付けてしまい左手が付けられなくなってしまいました(´Д`;)
接着剤が少量だったので何とか外すことが出来ましたが。

SN3J1565.jpg
ベースは木製のやつにニスを重ね塗りして研ぎ出しをしてブラック吹いてウレタンクリアを吹きました。
ウレタンが乾燥するのに3日程かかるので、完成画像はもう少しお待ちください。
スポンサーサイト
けいおん平沢唯のギターを製作しています。
ペグの部品は同じものが6個必要なので自作したパーツをシリコンで複製します。

SN3J1566.jpg
シリコンが固まったので塗料皿から抜きました。
原型パーツを皿の底に接着していたので原型もそのまますっぽり抜けました。
このシリコン型にレジンキャストを流し込む訳ですが、あまりにも型が小さいのでそのままではレジンが入っていきません。
なのでレジンを型の上に数滴たらしたら楊枝でほじほじして空気を抜きます。

SN3J1567.jpg
上手く空気が抜けたところ。
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!

SN3J1568.jpg
空気が抜けずに気泡が出来たところ。
コネ━━━━━━('A`)━━━━━━!!!!!

SN3J1569.jpg
そんな感じで失敗したり成功したりを繰り返しながら全ての複製が完了しました。
コントロールつまみは実物がクリア素材で出来ているので、クリアレジンで複製しました。

SN3J1570.jpg
SN3J1571.jpg
ペグをヘッドに取り付けてみました。いい感じじゃん。
これでギターのパーツは一通り揃いました。
この後洗浄して塗装に入ります。
チェリーサンバーストのあのボディーの模様をどう塗装するか悩み中。
今回のキットはギターを先に完成させてから本体に取りかかろうと思っています。
ギターの出来によってこのキットの完成度が決まるので、気合を入れて先に完成させてしまいます。

SN3J1572.jpg
塗装の前に一つディテールアップ。
ボディーの裏側にコントロールボックスの蓋を彫りました。

SN3J1574.jpg
パーツ洗浄後下地塗装をします。
今回はレジン、プラ板、ポリパテといろいろ素材を使っているので下地はグレーのレジンプライマーを使いました。
プライマー塗装後に金属パーツはブラック、その他はファンデーションホワイトを吹きました。

SN3J1573.jpg
最初に金属パーツを塗装します。
今回金属塗装にはSPATZSTIXのアルティメットミラークロームを使用します。
メッキ系塗料は今まではクレオスのメッキシルバーを使っていましたが、塗膜が弱いのが難点でした。しかももう生産中止。
そこでメッキシルバーに代わるものを探していて見つけたのがこのアルティメットミラークローム。
塗膜が強くメッキシルバーと同等かそれ以上の輝きが出せます。

SN3J1575.jpg
ちょっと写真だと分かりづらいですがこの輝き。
値段はちょっとお高いですがギターのようなメッキパーツが多い場合は重宝しそうです。
塗膜を極力薄くするのがコツです。厚塗りすると輝きが失われます。
ピックアップは最初ミラーフィニッシュを貼りましたが、パーツが厚ぼったくなるのでやめました。

次はいよいよボディーのサンバースト塗装です。
ジェットストリームさんの元気コーディネーター完成画像真です。
ちゃんと完成まで持っていけるかちょっと心配でしたが、何とかやり遂げました。

genkiko0001.jpg
続きを読む ≫
ギターのボディーの塗装をします。
唯のギター(ギー太)はレスポールのチェリーサンバーストというモデルです。
サンバーストとは中心から外周にかけてグラデーション状に色が濃くなっていく塗装のことです。
サンバーストってだけなら簡単なんだけど、これがチェリーサンバーストとなると途端に難しくなってきます。

SN3J1604.jpg
これがチェリーサンバーストのレスポール。
染料系塗料でメイプル材の木目が透けて見えます。木目のないものもあるんだけどアニメで確認したらきっちり木目入ってるし。
ここはやっぱり木目を表現したいです。

SN3J1605.jpg
まず木目をクリアイエロー+クリアオレンジで筆描きします。
ボディーは左右別の木材が接がれているんで、中心からマスキングして片方ずつ描いていきます。
このままだと木目がはっきりしすぎるんで、うすめ液をエアブラシで吹いて木目を少し滲ませます。

SN3J1606.jpg
左右の木目を描いた所。
上の写真と木目の模様が違うのは昨日から何回かやり直しているからです(´Д`;)

SN3J1607.jpg
その後中心にクリアイエローを吹きます。

SN3J1608.jpg
赤の塗装が中心に飛散しないようにコットンを両面テープで張り付けて軽くマスキングします。
そしてクリアレッド+クリアオレンジを外周にグラデーションになるように吹きます。

SN3J1609.jpg
外周とスイッチの部分をタン+ホワイトで塗ります。

SN3J1610.jpg
裏側はコントロールボックスの所をブラックで塗装します。

と、ここまで来たんですが塗装やり直そうかなーとか思っています。
写真じゃよく分からないんだけどボディーの裏の赤にムラがあるんだよね。
染料系塗料をムラなく均一に吹くのは難しいです。

てな訳で明日も同じ作業かも(´Д`;)
プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。