TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

昨日作ったデカールを貼ります。
インクジェット用デカールは作成後にクリアコーティングしないと貼れないのが難点です。


ボディのフロント部分。
この程度の曲面であれば軟化剤なしで貼れます。軟化剤をつけると印刷が滲む場合があるので注意が必要です。


タイヤのホイールに数字デカール。
フロントタイヤは裏表、リアタイヤは片面とリアフェンダーにデカールの一部を貼り付けます。
デカールはのり代を取って切り抜きます。印刷ギリギリの所で切ってしまうと水に浸けた時に切断面からインクが滲み出てしまいます。デカールの不要部分を切るのもデカールが完全に乾いてからです。


ナンバープレート
この後クリアコーティングをして乾燥したら研ぎ出しをします。それまでバイクは一時中断です。
次回から水着子に着手します。またペーパーがけか…(´Д`;)
やっと水着子に着手しました。とにかくパーツが多いので、新たなキットに着手したつもりでやらないと途中で嫌になってしまいます。


まずは合わせ目の処理から。水着側にメンタム、足側に混合したレジンキャスト液を塗って合わせます。
足側の合わせ目はレジンの食い付きを良くするように#180のペーパーでヤスっています。


肩紐の浮いている部分を開口。
細かい所ですが肌の上に水着を付けているんだという説得力が増します。


同じく横チチの所も開口。


髪の毛は全体がモッサリしていたので、モールドを掘って先端をシャープにしました。

下地処理作業は一通り全パーツのペーパーがけが終わって1回目のサフ吹きまで来ました。
もうちょっと下地処理作業は続きます。
水着子の下地処理が終わりました。


パーツをきれいに洗浄して肌パーツはメタルプライマー、その他はタミヤの白サフを吹きました。
バイクと合わせるとスゲー数です。


早速塗装に入ります。
まずはいつも通り肌のシャドーから。写真からだいたい吹いている所が分かると思います。
今回はシャドーは薄めにしています。


足のパーツ。


手のパーツ。


シャドーが吹き終わったら全体を塗装。
エアブラシを絞り気味にしてやや遠くからまんべんなく吹きます。


足も。
この濃度でだいたい3回くらい重ね吹きしています。いつもより気持ち薄め。
吹き重ねる回数を少なくすれば美白肌、多くすれば褐色肌になります。
肌色を吹いたら塗膜保護の為にクリアーを吹きます。

今日はここまで。クリアが乾燥する間は他のパーツを塗装していきます。
水着子の塗装2日目です。水着の塗装自体はそんなに難しくはないんですが一部面倒くさい所があります。


まずは髪の毛から。
レッドブラウン+ブラウンの濃淡2色でグラデーション。


メンドクサイのがこのシューズ。
水色の部分がスカイブルー+ホワイト、濃い青がキャラクターブルー。
マスキングだけではどうしてもきれいに塗り分けられないんで筆でリタッチします。
リタッチが終わったらエナメルのブルー+ブラックでスミ入れ。


帽子はホワイトにホワイト+シアンでシャドー。


クリアが乾燥したので水着の塗装も行きます。肌をマスキングしてコバルトブルー。
こちらも後で筆でリタッチ。

今日で塗装を終わらせようと思ったけど小物の塗装が終わりませんでした、次回に持ち越しです。
今日で残りの塗装をやっつけてしまいます。


腕時計。
黄橙色にホワイトにシルバー。


左腕のリボン。ホワイト。


キーホルダー。色は何にしたか忘れた(´Д`;)


バックミラー。セミグロスブラックで塗装してミラー面にラピーを貼り付け。
支柱は1mm真鍮線にメタルプライマー吹いてシルバーで塗装。


クリアレジンで複製したランプ類。
テールランプはクリアーレッド、ウィンカーはクリアーオレンジ。

これでエアブラシによる塗装は終わりかな。
次回はバイクのクリアが乾燥したんで研ぎ出しをします。あと出来れば目の描き入れも始めたいところ。
プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。