TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

お久しぶりでございます(;^ω^)
7月ぐらいに復活するとか言いながら延び延びになってしまいました。
6月末に私的なんですがちょっと大きな出来事がありまして、7月は色々な手続きやらなにやらでゴタゴタしていて8月になってやっと手が空いたところです。

んで、製作途中だったそに子を再開!と思っていたらパーツ紛失が発覚(;´Д`)
トレーには入れていたんですが、ずーっと机に上に出しっぱなしだったんで何かの拍子にどっかいっちゃったんでしょうね。間が空くとロクなことにならんです。

一応失くしたパーツは自作できそうだったんですが、この時点でモチベーションガタ落ち。
ちょうど製作依頼が入ってきたんで、とりあえずそに子は放置で新しいキットに着手します。

今回の依頼品は大作です。

IMG_8107.jpg
夢のカグツチノ公国さんのinfect。
初出は2007年? 結構古い上に数もあまり出なかったんでまずお目にかかれないキットです。
infectは「感染」という意味ですね。Fate/stay nightの3つ目のシナリオに出てきた黒セイバー、黒サクラ、バーサーカーの3体のフィギュアが1つのベースに配置されるヴィネット風の作品です。

IMG_8108.jpg
箱デケー!

IMG_8110.jpg
何故か精密ドライバーセットが入っていました。
今回は電飾があるのですが、電飾の取り付けに使うようです。

パーツ数は電飾部品入れて84個(゚д゚)!
レジンパーツだけで65個もあります。

IMG_8111.jpg
電飾パーツです。
LEDと基板、電池クリップ、スイッチ。
説明書通りに配線を基板に繋ぐだけでOKな親切設計です。

IMG_8120.jpg
サクラのパーツ。
スケールは1/10です。
これだけで通常のキット1個分のパーツ数ですね。

IMG_8121.jpg
セイバーのパーツ。
中を電飾の配線が通るので、縦割りになっているパーツがあるのが特徴です。

IMG_8122.jpg
バーサーカー
パーツは少ないんですが、一個一個がデカイ(;´Д`)

IMG_8123.jpg
ベースその他諸々のパーツ。

もうこのパーツを見ただけでお腹一杯って感じです(;^ω^)
なので仮組みは次回に。

今回はあまり間を空けず気合入れていきますよ!
夢のカグツチノ公国さんのinfect、2回目です。仮組みします。
パーツが多いので仮組みだけでもエライ時間がかかりました。

IMG_8138.jpg
今回クリアパーツがいくつかあるのですが、どれも収縮が激しいです。
これはベースのクリアパーツですが、上端を合わせると下は5mm近く短くなってしまいます。
ここまで激しく合わないとクリアパーツに合わせてレジンの方を削るしかありません。

IMG_8125.jpg
サクラの仮組み。
特に問題なく仮組みできました。
パーツには軸打ちの目印が付いているんで楽です。

IMG_8126.jpg
ベースに固定してみました。
左手から伸びている3本の縄は左足下の溝にはまるはずなんですが、そっぽ向いちゃってます(;´Д`)
ドライヤーでムリヤリ曲げるしかないか。

IMG_8127.jpg
セイバー。
体の中を電飾の配線が通る為、前後貼り合わせのパーツが多くなっています。
軸を打つ場所が限られてくるので仮組みに苦労しました。
貼りあわせパーツは先に接着してしまっても問題なさそうです。

IMG_8130.jpg
バーサーカー。
こちらもクリアパーツが収縮してしまっています。
ドライヤーで暖めて無理やり合わせ込みました。

IMG_8135.jpg
セイバーとバーサーカーもベースに固定。
カッコイイ(・∀・)

IMG_8136.jpg
剣が残念なくらいに曲がっちゃってます(;^ω^)

IMG_8137.jpg
サクラが妙にナナメっちゃっているけど、こんなもんなんでしょうか?
固定位置は目印通りなんで間違っていないのですが・・・

とりあえず仮組みは終わり。
バラしてから膨大な量のパーツの下地処理を始めます。先は長い・・・(;´∀`)
65パーツ分の下地処理を始めます。
今回はスケールが1/10といつもよりだいぶ小さく、形も複雑なパーツが多いので難航が予想されます。
気合入れていきます。

IMG_8168.jpg
最初にキャラクター毎にパーツを分けてトレーに入れます。
全部一緒くただとパーツを探し出すのも大変ですし、これだけの数があると管理し切れませんので。

IMG_8171.jpg
まずはパーツの合わせ込みが簡単なサクラからペーパーをかけます。
今回は余計な改造や加工はせずにストレートに組んでいくつもりでしたが、やはり気になるところは見過ごせない性分なので(;^ω^)いつもの通りディテールアップをしつつペーパーがけを進めて行きます。

足の根元のヒラヒラを可能な限り薄く削ります。

IMG_8142.jpg
表側にスジ彫りがあるので、そこが切れてしまわないように慎重にリューターで削りペーパーかけます。

IMG_8172.jpg
腕も。
スケールが1/10と小さいので、スケールに合った薄さにすれば仕上がりの精度が抜群に上がります。

IMG_8152.jpg
胸のリボンもかなり厚みがあったので削ります。
削った分胸と隙間が出来るのでドライヤーで暖めて密着させます。

IMG_8143.jpg
髪の毛の先端をシャープに。

IMG_8173.jpg
髪の毛は左右分割されているのでこの時点で接着して合わせ目処理をしておきます。

今回のキットはパーツ数は多いですがパーツの質はとても良ので、思ったより苦労はしなさそうです。
それでも65パーツあるので時間はかかりますけど(;´Д`)
何このブログ開設当初のような更新頻度(;^ω^)
やればできるじゃん(;´∀`)

サクラの1回目のペーパーがけが終わったので、次セイバー行きます。
まずはエクスカリバーの加工から。

IMG_8149.jpg
悲しいくらいにひん曲がっていたので、ドライヤーで熱してからアクリル板に挟んで矯正します。

IMG_8162.jpg
セイバー唯一の電飾です。
おそらく原型師の意図としては剣の紋様を光らせようとしたと思うのですが、残念ながら光源が遠すぎて剣まで光が届きません。
そこで光源を剣の根元あたりに持って来る加工をします。

IMG_8193.jpg
剣の根元はほとんどスペースがありませんので、付属の砲弾型LEDだと大き過ぎて配置できません。
LEDの形には角型という薄べったいものもありますのでこいつを使います。

IMG_8194.jpg
LEDに配線をハンダ付けします。

IMG_8164.jpg
剣と手をエッチングノコで分割。

IMG_8195.jpg
剣の方に角型LEDが半分くらい埋まるような穴を掘ります。

IMG_8196.jpg
手の方にも穴を掘って腕まで穴を貫通させます。

IMG_8167.jpg
こんな感じに光ります。少しは光量アップしたでしょうか。
塗装をするともうちょっと光り具合が際立つと思います。
エクスカリバーに続きセイバー本体の加工です。

IMG_8174.jpg
下半身は電飾の配線を通すために左足が前後に分割されて中が空洞になっています。
通常ですと塗装して配線を通してから接着となるのですが、ここでは先にパーツを接着して継ぎ目を消してしまいます。

IMG_8175.jpg
胴体も同様。
ちなみに、このように先に接着してしまった場合、2本直列になっているLEDの配線を真ん中でバラさなければ後から配線を通すことが出来ません。

IMG_8176.jpg
腕のパーツも接着します。
先に接着して継ぎ目処理をした方が後の組み立てが楽ですし断然きれいに仕上がります。
塗装後の継ぎ目消しはかなりリスクのある作業なので、なるべくそう言う所を少なくしておくのが失敗しないコツです。

IMG_8181.jpg
スカートのディテールアップ。
裏地がツルツルの平面だったので、表のプリーツに合わせて裏側を掘り込みます。

IMG_8192.jpg
マント?のパーツがかなり厚ぼったくスケール感を損ねているので薄々作戦決行。
リューターでギリギリまで薄く削ります。

IMG_8179.jpg
折り返しの内側がガッツリと埋まっていたので掘り込みます。
かなり奥の方まで彫りました。
薄々作戦と合わせてパーツの重さが半分くらいになりました。

IMG_8177.jpg
奥の方をペーパーがけする為の秘密兵器、ヤスリ棒。
筆の柄にサンドペーパー巻いただけですが(;^ω^)
プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。