TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

製作作業もいよいよ大詰めです。
各パーツのツヤの調整をします。

DSC_0713.jpg
の前に、髪の毛の小パーツを接着します。
ちゃんと問題なく嵌るか、マスキングミスがないか確認する為です。

DSC_0714.jpg
前髪パーツは接着せずに合わせます。
さっそくオーバーマスクが見つかりました。わずかにマスキング面が見えてしまっています。
さらに内側の髪の毛の継ぎ目も少し見えてしまっています。

DSC_0715.jpg
内側の髪の毛との継ぎ目を消して再塗装。

DSC_0716.jpg
ツヤの調整をします。
服関連のパーツはつや消し。

DSC_0717.jpg
肌はオリジナルの肌用フラット。水着とソックスはつや消し。

DSC_0718.jpg
髪の毛はフィニッシャーズのスーパーフラットコート。

DSC_0719.jpg
アイペイントはまだここまで。ここからバランスの微調整が入ります。

だんだんと終わりが見えてきました。
アイペイントの続きです。

DSC_0720.jpg
虹彩の輪郭と瞳孔を描きます。
この段階で写真を撮ってパソコン上でバランスの確認をします。
正面だけではなくちょっと右寄り左寄りからも写真とって確認するとバランスのおかしいところが良く分かります。

DSC_0721.jpg
虹彩以外をマスキングしてクリアイエロー+クリアブラウン微量をエアブラシで吹きます。
これが下地の色になります。

DSC_0722.jpg
アイペイント完了。
端折り過ぎですか(;^ω^)
今回虹彩は全てエアブラシで塗りました。虹彩下側のハイライト模様はマスキングして塗っています。

DSC_0723.jpg
爪をホワイトパールで筆塗り。

DSC_0724.jpg
組み立てて完成です。
ムチムチでエロい!(´∀`*)

DSC_0725.jpg
尻。
こっちもムチムチっすなぁ~(;´Д`)ハァハァ

DSC_0726.jpg
ベースは依頼者様の要望により脚付きクリアアクリル。

完成写真はもうしばらくお待ちください。
次の依頼品の製作開始まで少し時間が空きましたので、今回はちょっと番外編をお送りします。
こちらです。

DSC_0727.jpg
figma レーシングミク2013 EV MIRAI ver.です。予約して半年、昨年末にやっと届きました。
なぜこれを買ったのかと言うと

DSC_0728.jpg
ミクさんがバイクに乗れるからです!
女の子とバイク萌えな私にとって、しかもミクさんと来たら買わずにはいられないでしょう!
figmaを買うのは初めてです。て言うか塗装済完成品フィギュアを買うのはこれが初体験です(;^ω^)

DSC_0729.jpg
ミクさんのパーツです。
顔は2種類、手が左右合わせて9種類、あとスーツの袖パーツが通常の立った時のとバイクにまたがった時の2種類になっています。

DSC_0730.jpg
バイク。
2013年マン島TTレースに出場した電動バイクTT零13です。
電動バイクと言ってもスピードは普通のエンジンバイクに迫る勢いです。エキゾースト音(と言うかモーター音)はちょと情けないですけど(;^ω^)

ミクさんを乗せる時は専用のステップに交換する必要があります。

DSC_0731.jpg
ミクさん。
おっぱいデカイです(*´ェ`*)

DSC_0732.jpg
ミク立ちさせてみました。
顔はかなり好みです。カワイイ (*´∀`*)

DSC_0733.jpg
figmaって思った以上に自由に動きますね。
自然なポーズを取らせるのが難しい...

DSC_0734.jpg
バイクはスポンサーロゴステッカーが貼られていません。自分でデカールを貼ることになります。
普通のレーシングバイクのプラモ並に量があります。しかもプラモのデカールのように糊代が切り抜かれていません。デカールの形に合わせて自分で切り抜く必要があります。
これは模型作り慣れた人でないとキビシイかも。

DSC_0735.jpg
デカールを貼ったらクリアコーティングするので、可能な限りパーツを分解します。

DSC_0736.jpg
デカール貼りました。
デカールは同じものが2枚ずつ用意されているので失敗しても安心です。

DSC_0737.jpg
マスキングしてウレタンクリアを吹きました。
デカールが結構厚いのでテロテロになるまで吹いています。

DSC_0738.jpg
研ぎ出ししてコンパウンドで磨きました。
アンダーカウルとエアインテークは実物がカーボン素材になっているので、半光沢を吹きました。
あとブレーキパイプとインテークから伸びるパイプを追加。

DSC_0739.jpg
ミクさん搭乗。

DSC_0740.jpg
いっちょ峠まで行ってブイブイ言わせたるで~!

DSC_0741.jpg
見よこのケーシー・ストーナー張りのパワースライドを駆使したコーナリング!

ミクさんノーヘル・・・(;´Д`)
そして胸の谷間が(゚д゚)!

DSC_0742.jpg
DSC_0743.jpg
ライディング後に一息。
足付けて立たせることが出来ます。

てなことで今回は塗装済完成品なんでエントリーはここで終わりと思いきや・・・
もしかしたら製作記事が続く・・・かもしれない。
お待たせ致しました、PRIMAL HEART 「閃乱カグラ Burst」より 飛鳥 命駆ver. 完成写真です。

Asuka_Kagura_001.jpg
続きを読む ≫
figmaなのに製作中ってどういうこっちゃ?と思うかもしれませんがもう少しお付き合い下さい。 レーシングミクの続きです。

皆さんはfigmaをどうやって楽しんでいるのでしょうか。
当然可動フィギュアですから色々なポーズをさせてキャッキャウフフと遊ぶと思うんですが、一度棚に飾ってしまったら頻繁に取り出してポーズ変えて遊ぶことも無いと思うんです。少なくとも私はそうです。
なので別に可動フィギュアである必要も無いのです。
じゃあなんでfigmaなんて買ったんや!(;´Д`) だってバイクに乗れるミクさんはfigmaしかないんだもん・・・(´・ω・`)

DSC_0756.jpg
んで気に入ったポーズで飾っておきたいのですが、そこで気になるのが剥き出しの関節パーツです。
特にこのミクさんはノースリーブで腕マルダシなので目立ちます。不細工です。
モデラーとして何とかしてやりたい。
と言うことで固定ポーズにして関節を消します。

DSC_0741.jpg
固定ポーズはこれで行きたいと思います。
関節にパテ盛って再塗装するワケですが、商品そのものにパテ盛るのもちょっと躊躇われます。
安いものじゃないんだし、もしかしたら後でポーズ変えてキャッキャウフフしたくなるかもしれない。
と言うことで、ここはお得意の複製じゃ!

DSC_0745.jpg
目立つ関節は肩と腕だけなので上半身だけ複製します。
腰の関節がなかなか外れなくて穴を少し削って広げました。
ポーズを決めて適当な容器にこんな感じに置きます。

DSC_0746.jpg
シリコン流し込んで原型を取り出し型が出来ました。

DSC_0747.jpg
レジンの流し口と空気抜き穴を掘ったらホワイトレジンを流し込みます。

DSC_0748.jpg
複製デキタ――(゚∀゚)――!!

DSC_0749.jpg
figmaの上半身を複製パーツに差し替えてバイクに乗せてみます。
バッチリおkです!

DSC_0750.jpg
関節にエポパテ盛ってナイフとペーパーで整えます。
胸の谷間も彫り込んで少し強調させました。

DSC_0751.jpg
肌色を調色中。 ホワイト+クリアオレンジ。クリアレッドとクリアイエローで色味を調整。

DSC_0752.jpg
サフ吹いてから塗装しました。
胸のロゴはエナメルで手描き。

DSC_0753.jpg
固定ポーズ化完了!
ミクさんも喜んでおられます!

DSC_0755.jpg
関節も違和感なく仕上がりました。

DSC_0754.jpg
後で気が向いたら写真撮影します。
プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。