TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

ゴブサタです。長い間放置してしまってスンマセンでした(;´Д`)
自分の不注意でまた腰を痛めてしまって、ヘルニアが再発してしまい治療しておりました。
ヘルニアの程度としてはそれほどひどくないので治療すれば良くはなるのですが、完治させるには手術しかないと言うことで、今後は持病とうまく付き合いながらやっていくしかありません。

今のところ生活に支障がないくらい回復しましたので、放置していた金剛の制作を再開します。
て言うか9月中頃から再開していたのですが、下地処理に思った以上に時間がかかりやっとブログ更新できるまで進んだところです。

DSC_0895.jpg
とにかく時間がかかったのが髪の毛のパーツ。
元々髪の毛のパーツは尖った形状から型ずれが大きく下地処理には手間取るのですが、今回はクリアパーツなので繊細な作業が求められます。
ちょっと力を入れるとすぐ折れる。硬いのに力を入れて磨けないからなかなか傷が消えない。髪の毛の下地処理だけで1週間以上かかりました。5回ぐらいサフ吹いてます。
クリアパーツの髪の毛はとんでもない地雷であることが良く分かった(;´Д`)

DSC_0896.jpg
あと時間がかかったのがスカートのパーツ。
フリルはクリアパーツで硬い硬い(;´Д`)
奥まったところをちまちま磨くのがえらい手間でした。

DSC_0897.jpg
今回サフレスする肌パーツはこれだけ。
いつものようにメタルプライマー中研ぎで下地を仕上げました。

DSC_0898.jpg
他のパーツも下地処理完了。
細かいパーツが多い(;^ω^)

てな感じでやっと下地処理が完了して次回から塗装に入ります。
これまでの遅れを挽回したいところですが、まぁ無理しない程度にやって行きたいと思っています。
今後ともドゾヨロシク。
金剛の塗装スタートデース。
の前に

DSC_0899.jpg
スカートのフリルですが、作例を見たら半透明になっていたので白サフを落としました。
一部シアノンを使ってしまっているので、シアノン削ってゼリー状瞬着で傷埋め、下地処理をやり直しています。

DSC_0900.jpg
肌塗装です。
オリジナル調色のサフレス用肌クリアでシャドーをピャーと吹きます。

DSC_0901.jpg
同じ塗料で全体にホンワリと色を乗せます。公式絵を見ると結構色白なのでちょっと薄め。
そのあと塗膜保護用のクリア吹いて乾燥中。

DSC_0902.jpg
髪の毛。
ブラウン+レッドブラウン+ホワイト少量でハイライト。
レッドブラウン+ブラック少量でシャドー。
先にシャドー色でほぼ全体を塗装してから凸部にハイライト色を乗せる感じで塗装しています。
アホ毛を塗るの忘れた(;^ω^)

DSC_0903.jpg
スカートとリボン。
白線をマスキングしてブラック+ホワイト少量。
シャドーはブラックのみ。
白線は白サフのまま行っちゃいたいところですが、面倒臭がらずにホワイトを吹きます。
マスク面はなるべく平滑な方がきれいに塗り分けできるからです。

DSC_0904.jpg
袖口の赤布とリボン。
モンザレッド+艦底色。

DSC_0905.jpg
上着と帯。
ホワイトを基本色に、ホワイト+パープル+シアン+ブラック少量でシャドー。
シャドー色を濃い目に作ってシャドー塗った後にホワイトで全体を塗装すると、シャドーがうまくなじんでイイ感じになります。
赤色は上と同じ。

DSC_0906.jpg
袖の紐を現在マスキング中。

マスキングはそれほど多くないのでテンポよく進められています。
この調子で行くベー。
塗装の続きです。

DSC_0907.jpg
袖パーツの紐部分を塗りました。
何気にマスキングが大変だった。

DSC_0908.jpg
スカートのフリル。
パテで延長した部分はホワイトで透明部分はホワイト+クリア。

DSC_0909.jpg
足。
パンツは衣装と同じ色。
ブーツの濃い色がマホガニー+ブラック少量。ブラック足してシャドー。
明るい部分はレッドブラウン+ブラウン。

DSC_0910.jpg
電探カチューシャ。
カッパー+ゴールド。

DSC_0911.jpg
ブーツのかかと部分は公式絵と形状が違い、作例でも良く分からなかったので悩みました。
結局公式絵の色準拠でスジ彫りを1本入れて塗り分けました。

DSC_0912.jpg
ティーカップはホワイト。紅茶はクリアレッド+クリアオレンジ。

これで全パーツ色が付きました。
あとはリタッチとツヤの調整とアイペイントです。
金剛は仕上げとアイペイントに入っています。

DSC_0913.jpg
ツヤの調整をする前に、主要パーツにクリア吹いて軽く研ぎ出しします。
塗装面はきれいに見えて結構凸凹しているので、研ぎ出しすると美しく仕上がります。
ガッツリ研ぐ必要はないので、クリアは薄めに吹いて目の細かいスポンジペーパーで全体を軽く磨きます。

DSC_0914.jpg
髪の毛とボディパーツも研ぎ出し。
奥まっているところは無理して研ぐ必要はありません。
と言いつつ研いでいたら髪の毛折った(;´Д`)

DSC_0915.jpg
腰の帯にゴールドで模様を描きました。
ディーラー作例ではデカールを貼っているようなのですが、デカールは付属していなかったので筆で手書きです。

DSC_0916.jpg
アイペイントはここまで。

金剛本体の完成が見えてきたので、手が空いたら艤装の下地処理の方も取り掛かろうと思っています。
金剛本体の最終仕上げです。

DSC_0917.jpg
ティーカップに貼る付属のデカール。
通常のスライドマークだと思っていたのですが、水に浸すとデカールがブヨブヨに溶けていくんですが!!Σ(´∀`;)
どうすりゃいいか小一時間悩む(;´Д`)

DSC_0918.jpg
結局インクジェット用デカールの要領でラッカークリア吹いて乾燥させてから貼り付けたらうまくいきましたε-(´∀`*)ホッ

DSC_0919.jpg
その他のパーツのツヤ調整。
巫女服関連はつや消し。

DSC_0920.jpg
肌はいつものオリジナル調合つや消し+なめらかスムース。
ブーツは半光沢。

DSC_0921.jpg
髪の毛はスーパーフラットコート。

DSC_0922.jpg
アイペイントも完了。
色パターンは公式絵とPVCを参考にしました。
虹彩はガイアの蛍光ブルーグリーンをエアブラシで。

DSC_0923.jpg
髪の毛つけるとこんな感じ。

組み立てはもう少し乾燥させてからにします。
それまでは艤装のシコシコ作業に戻ります。
プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。