TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

お久しぶりでございます。
前回の更新以降昨年末まで仕事が激務になって全く作業できませんでした。
正月になってやっとゆっくりできるとダラダラしてたら2月になっちまった(;´Д`)スンマセン
新年早々仕事場が変わって通勤にえらい時間がかかるので1日の作業時間が今までより少なくなってしまうのですが、これからゆっくりながらも着実に作業を進めていこうと思いますので、また宜しくお願い致します。

つうことで紅葉姫の続きです。
やっとこさ下地処理が終わって塗装に入ります。

DSC_01298.jpg
今回塗装はオリジナル彩色ということで、髪の毛は銀髪にします。
銀髪は下地色を何にしようかと毎回悩むのですが、今回はグリーン系の色にしてみました。
調色は去年空いている時間を見つけて作ったのではっきり覚えていません(;^ω^)
確かマホガニーとタンとあと純色シアンとか使って作ったと思います。モロ緑という塗料は使いませんでした。グリーンと言うより緑がかったグレーです。
調色した時はどうなんかな~と不安でしたが、塗ってみたら(゚∀゚)キタコレ!!って感じで自分ではいい色になったと思います。

DSC_01299.jpg
一通り色が付くと気が抜けて終わった気になりますが、ここで終わりにはしません。ゴミや塗料の小さな飛沫を修正します。
塗料の飛沫は色が同じなので目立たない気もしますが、写真を撮ると憎たらしいくらいに目立ちます。
1500番のペーパーで軽く擦ると写真のようにそこだけ塗料が剥れて出っ張りがあったことが分かります。
今回の髪の毛のように大きなパーツだと修正と部分再塗装を5回くらい繰り返します。
そういえば某MOOK本の付属DVDの影響でシャドー色をクリアーで割って塗装するという手法が普及してたりしますが、私はあれはかなり高等テクだと思っています。なぜかと言うとやり直しができないんですから。無理してやり直そうとするとどんどんベタ塗りになっていきます。
シャドー色もベース色も不透明塗料で作っておけば、「あ、シャドー吹き過ぎちゃった」とか「コート塗り過ぎてシャドーが消えた」とかいくらでもやり直しができます。納得いくまでやり直しましょう。

DSC_01300.jpg
上からコート。
塗料はムーンストーンパール+GXクリアシルバー。
つや消し吹けばもうちょっとしっとり落ち着いた色になると思います。

DSC_01301.jpg
その他のパーツの塗装。
腰巻とブラ。赤っぽい部分はモンザレッド+艦底色+ブラック、黒はつや消しブラック。そしてゴールド。

DSC_01302.jpg
ホワイトスネークちゃん。
ホワイト+パープル+ブラックでシャドー。上からホワイトでコート。口の中はデザートイエロー+ブラック少量。
ツヤ調整したら目と舌を塗ります。

DSC_01303.jpg
黒髑髏と杯。
髑髏はセミグロスブラックでホワイト少量足してハイライト。杯はブラック下地にゴールド。

DSC_01304.jpg
酒壷。
下の方は黄土色。真ん中は黄土色+ブラック少量、上側は黄土色+マホガニー、紐はタン。上の方はエアブラシ塗装後薬液のタレを筆書き。エナメルのレッドブラウン+ジャーマングレーでウォッシングして文字はエナメルのブラックで筆書き。ちなみに「梅」という字が書いてあります。
ツヤ調整すればもうちょっとソレっぽく見えるかも。

あとは刀とかの小物が残っていますがそれが終わればアイペイントに入ります。
プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。