TOP

BOTTOM

NEXT

PREV

2018-11-12(Mon)

佐倉杏子組み立て説明

佐倉杏子の組み立て手順を説明します。
組み立てはクッション性のあるシートなどの上で行ってください。
タオルなどでは髪の毛の先端が引っかかって危険です。

Sakura_assy_001.jpg
フィギュアをベースに固定します。フィギュアとベースを横向きにしてベースの裏から付属のビスで留めて下さい。
締め過ぎるとフィギュアが破損する恐れがあります。フィギュアがクルクル回らない程度に軽く締めてください。

Sakura_assy_002.jpg
武器を取り付けます。
武器は2つに分割されています(前側と後ろ側、前側は矢じりが付いてる方)。
後ろ側パーツの真鍮軸が付いてる方を左腕の前からくぐらせます。

Sakura_assy_003.jpg
このような形になります。

Sakura_assy_004.jpg
別梱包してある右腕に武器前側パーツの棒の先端を小指の方から親指と人差し指の間に差し込みます。
棒に切り欠きがある方が手の平側になります。

Sakura_assy_005.jpg
武器後ろ側パーツの真鍮軸を棒の軸穴に差し込んで武器を一つに接続します。
差し込むだけで保持できると思いますが、もしすぐに外れてしまうようなら真鍮線の先端にほんの少し瞬間接着剤をつけて差し込んでください。(接着剤付けすぎ注意)

Sakura_assy_006.jpg
このような状態になります。

Sakura_assy_007.jpg
武器を取り付けた右腕を本体に差し込みます。
ダボ穴が四角形ではないので一方向の角度でしか刺さりません。ダボとダボ穴の形状を良く見て差し込んでください。(小指側が上向きになる方向です)
接着剤は不要です。

Sakura_assy_008.jpg
武器を左腕に取り付けます。
鎖が急角度で曲がっている所の棒に軸受けの穴があります。左手のひらにある真鍮線に差し込んでください。
ここは接着しないと保持できません。真鍮線の先端にほんの少し瞬間接着剤をつけて差し込んでください。
接着剤は爪楊枝の先端などに付けてから少量を真鍮線の先端に塗ってください。ほんの少しで保持できると思います。接着剤を付け過ぎると白化して汚くなりますので注意してください。
棒を強く押し当てると指が折れます。手の裏側を支えつつ差し込んでください。

Sakura_assy_009.jpg
このような形になります。

Sakura_assy_010.jpg
髪の毛のおさげを取り付けます。
図にあるように頭の後ろから髪の房が2本、肩から前に出るように取り付けます。
後頭部の穴におさげパーツの軸を差し込んでください。接着不要。
髪の毛はちょっと引っ掛けるとすぐに折れるので注意して作業してください。

Sakura_assy_011.jpg
奥まで差し込む必要はありません。この辺までで十分です。

Sakura_assy_012.jpg
リボンを取り付けます。
リボンと後頭部に磁石を仕込んでいるので乗せるだけです。

Sakura_assy_013.jpg
前髪を取り付けます。接着不要。
髪の毛先端を折らないように注意してください。

Sakura_assy_014.jpg
鎖の形状を整えて完成です。
鎖の形が保持できない場合は瞬間接着剤で補強してください。
組み立て時に武器の金色塗装がスカートなどに付着する場合あります。綿棒を水に塗らして拭き取ってください。
関連記事

 コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

profile


Author:obZen  Email  Twitter

最近の完成品
完成品Pick up
拍手ランキング
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
拍手ありがとうございます!

よろしければメッセージをどうぞ!

↑以外のメッセージはここ↓に書いてね(100文字)

メッセージを非公開にする(管理人だけが見ることが出来ます)

拍手済みです。


メッセージありがとうございます!


ERROR
サーバーダウンにより現在拍手できません。